サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/25 17:12

投稿元:ブクログ

仏教系の出版物をメインとするサンガ社からハリポタの解説本が出たことに驚きました。
読んでみると、これがかなり微に入り細に入った詳細な内容となっています
全巻読み終えたハリポタファンですが、長編だけにわからない未消化の箇所があちこちにあり、自分の中でそのままになっていました。
そうした謎が、一つ一つ説明されていくという気持ちの良さを感じます。
著者も公言している通り、かなりのポタリアンだということが内容からも理解できます。

また、ハリポタだけでなく、『ナルニア国物語』や『指輪物語』といったほかのファンタジー大作との比較もなされており、すべて読んでいる者には更なる深い理解が得られるようになっています。
どうも、前出の二作に比べて身近な感じがするのは、ハリポタが圧倒的に会話が多いためだと指摘されていました。
その代わりにロマンチックな情景描写が少ないのだとか。
それで歴史的な奥行というよりは、「いま、ここ」のような現実感が強いのでしょう。

その圧倒的なキャラクター中心主義は、漫才やマンガに近いと評され、さらにすべての出来事を登場人物が解説するシェイクスピア劇との類似性にも言及されています。
イギリス文学の一つの潮流なのでしょうか。

ホグワーツはスコットランドが舞台だそうです。
イングランドとスコットランドの違いがよくわかりませんが、特徴的な記載があるのでしょう。

各巻ごとに章分けされて詳細な解説が入るため、順を追ってストーリーを辿ることで膨大な情報量も整理され、混乱せずに済みます。

最終的には、『モモ』や『ゲド』、ファンタジー世界を超えて『カラマーゾフの兄弟』や『エヴァンゲリオン』などの作品とも比較言及しており、非常におもしろく読めました。
原作の隣に置いて、何度も読み返したい本です。

1 件中 1 件~ 1 件を表示