サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

村上春樹を読む午後

村上春樹を読む午後 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/12/27 09:42

投稿元:ブクログ

不可能性こそ恋愛小説を成立させる。
日本社会とは、自分の大切な本当の気持ちや魂を自分以外の何かに預けて頂ける社会。
村上の小説は4という数字にこだわる、それは死だから。
荻窪とか高円寺とか馴染みのある町が小説に出てくるのが良い。

2015/01/04 22:39

投稿元:ブクログ

 文芸雑誌「文學界」の元編集長である湯川豊氏と、共同通信社の編集委員兼論説委員である小山鉄郎氏による、村上春樹に関する対話集。
 当たり前のことだと思うが、両氏の村上春樹の読み方にはかなりの違いがある。
 対話の中においてもその読み方の違いが結構色濃くでてくる。
 さすがに両氏共に大人なのでケンカになることはないが、ちょっとハラハラするやり取りなどもある。
 僕としては「小説の細かいところをいじくりまわす(湯川氏談)」小山氏の読み方よりも、広義的に小説を受け入れようとしている湯川氏の方に親近感を持った。
 とはいっても小山氏のいわゆる「村上春樹作品の謎解き」的な読み方も、僕には出来ない読み方なだけに、感心することもしばしばあった。
 ただ、この手の書籍って村上春樹ファン向けなんだろうけど、村上春樹ファンだからといって、特に読む必要もないんじゃないかな、なんて意地悪にも思ってしまった。

2014/11/28 13:18

投稿元:ブクログ

【村上文学の真髄を徹底して掘り下げる】村上春樹文学について日本で最も造詣が深い二人による作品解読対談。目からうろこが落ちること必至。楽しいコラムもついています。

3 件中 1 件~ 3 件を表示