サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

空へ

空へ みんなのレビュー

第39回日本児童文芸家協会賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

『空へ』

2016/11/15 21:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

父を突然なくした陽介の
小学6年生から中学1年生までをたどる成長物語

母をたすけ妹の世話をしながら
友人関係に悩み、部活に悩み、恋に悩み、自分に悩み...

父との約束をはたすため神輿の担ぎ手に志願する

厳しい現実としっかりむきあう陽介と手をさしのべるおとなたち
同世代の子どもたちにも彼らを見守るおとなたちにも、元気の素に

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神輿

2016/12/27 10:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

神輿のシーンはもう少しあってもよかったかな。
中1でいろいろと背負おうとがんばるさまが…。
実際ようやっていると思う。
しんどそうな子がちらちら。みんなたいへんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再読感想。

2016/10/27 18:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いとうみく氏は「糸子の体重計」や「かあちゃん取り扱い説明書」系の明るい作品もいいが、こういった重い作品もいい。
突然父親が死んでしまい、母親は生活費を稼ぐために仕事で忙しく、妹の世話をしなければならない状態になってしまった長男が主人公。「しなければならない」ではなく「すると決める」までの覚悟の描き方がなんとも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛々しい

2016/12/14 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

父ちゃんが突然死んでしまい、妹と母ちゃんを守るんだとせいいっぱい背伸びする小学6年の陽介。
母子家庭の苦労話が中心かなと思っていたら、そこにはそれほど焦点を当てず、中学生になった陽介の友人関係も描いている。なので、全体としてはぼやけた印象です。
陽介が家族を守らなきゃとがちがちに気をはっている様子が痛々しかった。妹思いだけど、そこまで自分が我慢しなくてもいいよと言ってあげたい。でも彼は同情されたくないんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/19 18:55

投稿元:ブクログ

中学一年生の、男の子の気持ちを追った話。しつこすぎず、簡単すぎず、程よい丁寧さで書かれている。何でも人のせいにする、今どきの子供たちに。

2016/01/05 16:40

投稿元:ブクログ

三ヶ月前、父ちゃんがくも膜下出血で死んだ。仕事帰りに倒れてそのまま。
残された母ちゃんと、小さな妹・陽菜と主人公のオレ・陽介。今度中1になる、責任感の強い男の子。

主人公はかわらないけど、なんとなく連作短編みたいで、陽介たち家族の成長と、周りの人たちがいい。

だんじりではないけど、祭り前に読みたい。

2016/06/10 15:29

投稿元:ブクログ

父が亡くなり、家族を守りたい少年。

でも、13歳の少年には、どうしようもないことも多い。

そのモヤモヤ、イライラに胸が痛くなる。

解決策が、神輿というのは共感できないけど、なにかしら夢中になることや、逃げられるものが必要。

2015/11/06 10:43

投稿元:ブクログ

父親が急死した少年の小学校6年生後半から中学1年前半までの1年間を描く。
母親と6歳年下の妹との家族、DVの父親のいる友人、妹のためにサッカー部を諦めて入った美術部、いつも明るくて人気者のクラスメートの万引き、嫌われ者の兄を持つ弟等々のエピソードを絡めて話は進む。

最後には、亡父の大事にしていた神輿担ぎに初めて挑む心の葛藤と周囲の支え、父親との絆を描く感動作。

作品の出来栄えとしたら、これは、推しでしょう。優等生組だと思います。

でも、でも、オトナである私は、これを小学校高学年の子がどう読むのか非常に気になるのです。

特に、お母さん。
一家の大黒柱の夫が急死して、大変な中正社員として家族を支えているのはとーってもいいんです。頭が下がります。
でもね、小学校1年生の娘が寝てから帰宅する毎日の中、彼女の誕生日も忘れてしまって暗い家で一人で泣き寝入りさせるような生活の中で、その娘のためにサッカーを諦めて学童に迎えに行っている息子に対して「サッカーやるんじゃなかったの?」と言うのはどうか?と思う。
ただ「自分で選べ」といった言葉を受け止めて、彼が”美術部”に取り組むようになったのは幸いでしたが……。
もし彼がそれで毎日夜まで部活をするようになったら、娘のことはだれが責任取るんだ???まだ小さくて文句言わないからって軽んじないでと言いたくなるのです。

そして、これを読む子たちにも、そう言うことには疑問を感じて欲しいと思うのです。

2015/04/20 19:20

投稿元:ブクログ

一人称で描くことができる世界がこんなにも広いんだ!と思った。周りに登場するひともとても魅力的で、彼女たちのことも知りたいと思った

9 件中 1 件~ 9 件を表示