サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

民間で憲法草案が考えられた時代。

2017/05/24 16:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥多摩の民家の土蔵から見つかった「憲法草案」。どのようにして、誰が、これを作ったのか。

資料を発見した経緯や、作成者のおいたちなどを描いた伝記のような物語である。
児童文学として出版されているせいか、草案の内容検討などはそれほど細かくはない。それでも資料そのものの写真や本文の一部も掲載されていて、なかなか面白い。(草案の最初のページの写真には皇位継承の部分なども少し載っていたりする。)

心理描写などには少し想像過多な感じがする部分もあるように思えるが、西洋の考え方が広まりはじめた時代の人たちの様子を感じさせる。討論などしたこともない村民たちの作った勉強会での議題や発言などは、今の「学級討論」のような雰囲気もあり「始まりとはこんなもの」と想像が膨らむ。

大日本帝国憲法制定の少し前なので「日本帝国憲法」であるわけだが、日本国憲法に非常に似た条項があるというのはある意味、嬉しい驚きでもあった。本書を読んだ限りでも、おそらく日本全国でこの五日市憲法のような物が考えられていたのではないだろうかと想像できる。現在憲法改正が議論になっているが、憲法とはどのようなものであるのか、彼らのように私たちも真剣に考えなくてはいけないのでは、と感じさせるものでもあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示