サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

マンガ旧約聖書 3 士師記/サムエル記他(中公文庫)

マンガ旧約聖書 3 士師記/サムエル記他 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

初心忘るべからず

2016/01/23 21:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は、ヨシュア記(第2巻の続き)・士師記(デボラ・エフタ・サムソン)・サムエル記(サムエル・サウル・ダビデ・アブサロム)・列王記(ソロモン)・ヨナ書・ヨブ記・ダニエル書と続きますが、中でも、ダビデにかかる神話が半分程度を占めています。
 旧約聖書は全体として、主の掟や戒めを全ては守れず堕落→天罰→反省→新たな指導者登場→堕落→天罰・・・という無限ループが続く展開でした。これはダビデやソロモンといった名君も例外ではありません。つまり、堕落しない政権は存在せず、人間社会は堕落と反省を永遠に繰り返すというのが、西欧社会の根底にある価値観だと思いました。ということは、民主主義による統治もいずれは制度疲労による堕落と混乱を招き、次の時代に流転することになるのでしょうか。最近、世界各地が胡散臭くなってきていますが、大丈夫でしょうか?
 ところで、「ピノキオ」の原型が旧約聖書にあったり、「落穂拾い」が旧約聖書の世界だとは全く知りませんでした。また、あの有名な「大岡裁き」が実話ではなく、原点を辿れば旧約聖書に行き着くというのも驚きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示