サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

物語ベルギーの歴史 ヨーロッパの十字路(中公新書)

物語ベルギーの歴史 ヨーロッパの十字路 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/10/20 07:09

投稿元:ブクログ

ベルギーの歴史について建国以後、
特に大戦後を主軸に描く。
大戦期のエピソードは少ないが、
ベルギーの持つ文化的、民族的な多様性が
簡潔にまとめられており面白い。
この国の行く末について強い関心が湧いた。

2014/11/18 00:31

投稿元:ブクログ

ベルギーは1830年にオランダから独立した若い国。プロイセン・ドイツやオーストリア、フランスなどに挟まれ、大国の思惑に翻弄されてきた国。フランス語とオランダ語の2言語国家という不安定さがつきまとう国。
このヨーロッパのど真ん中にあり、EUの首都を持つ国の歴史は面白いです。

2014/10/26 09:22

投稿元:ブクログ

ヨーロッパの十字路、ガリア・ベルギカ。
シャルル・マーニュ時代はフランク王国として栄える。没後は東・中部・西フランク王国に分かれる。870年のメルセン条約により中部フランク王国は東西フランク王国に吸収される。
12世紀には封建制が完成しいくつか領邦される。その中でもフランドル伯が力が付け、フランドル伯領自由都市を形成する。
1297年フランスに併合されるも、1302年蜂起(金拍車の戦い)するも、1328年にフランスに併合。
その後イギリスとフランスがフランデレンの利権を争い英仏百年戦争がおこる(1339~1453年)。
その後、ブルゴーニュ公国支配下にはいり、フランデレンの上流貴族はフランスを使用するようになる。
スペイン=ハプスブルグ家の領地に。その頃にこの地はオランダと合わせてネーデルラントと呼ばれるようになる。
スペイン王カルロス一世は相続と選挙により、ブルゴーニュ、オーストリア、ネーデルラント、スペインに渡る大帝国皇帝、カール五世(仏語、西語、伊語、独語、ラテン語に達者)となる。
1517年にドイツで宗教改革がおこり、北部ネーデルラントはカルヴァン派が広がる(南部はカトリック)。北部はユトレヒト同盟(1579年)を結成し、オランダとして独立(1648年)。その後はスペイン配下を経て、オーストリア=ハプスブルグ家に。
1790年、フランス革命の影響を受け、ブラバント革命を経て独立するも神聖ローマ帝国レオポルド二世により制圧される。
1795年、オーストリアとフランスの対立の末、フランスの併合宣言。
フランスの言語政策によりフランス語が強制される。(マリアテレジアの時代にフランドルは「自由特権」としてオランダ語が認められていた)教育はフランス語、教会内もフランス語になり行政・教育はフランス語に統一される。フランス革命やブラバント革命をへて、フランス語は上流階級の言語として定着していく。
ウィーン会議により、フランスの大国化をおそれたメッテルニヒによりベルギーはオランダ領とされた。
オランダ国王ウィレム一世はフランデレン地方の公用語をオランダ語に。公立小学校を設立しオランダ語を教育言語にしようとするが、私立学校を有するカトリック派から反発が起こる。フランス語を母語とするワロン地方からも反発が起こる。
ウィレム一世の反発が高まる中、フランスで7月革命(1830年)がおこり、ベルギーでもアドルフ・ヌリの「聖なる祖国愛」に鼓舞され独立革命がおこる(音楽革命と呼ばれる)。
神聖ローマ帝国のザクセン・コーブルグ・ゴータ家のレオポルドが初代国王につく。
その後は多言語国家として歩みはじめる。
「合意の政治」と国王
周辺国との関係を注意深くみたレオポルド一世
対外進出をはかったレオポルド二世
ドイツからベルギーを守ろうと国民を鼓舞したアルベール一世
ベルギーを守ろうとしたことが裏目にでたレオポルド三世
連邦化にまい進したボーデュアン一世
分離主義者と戦ったアルベール二世

3 件中 1 件~ 3 件を表示