サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

カラダ探し 第3夜上(ケータイ小説文庫)

カラダ探し 第3夜上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/04/03 21:40

投稿元:ブクログ

カラダ探しシリーズの完結編のその1。
第二夜の呪いが(ひとまず)解けた後のパラレル世界という設定で、ここまでの登場人物&新キャラで進められた話なのだけれど、残念ながらクオリティはここまでの作品の中で一番低いかな。第二夜でも主人公のキャラ設定画ブレブレだと思ったのだけれど、第三夜はさらに酷い。1、2作目では根性を見せて皆のムードメーカーの留美子は好感度かなり高かったのだけれど、この第三夜で主人公の一人称となった彼女はとにかくバカ。ホラーにはトラブルメーカーの役どころは必要ではあると思うけれど、主人公がバカではまったく感情移入できない。物語の核心に迫るような事実が出てきても「あたしにはよくわからないしぃ〜」みたいなモノローグ読まされても、イラッとするだけ。率直に言って、バカを主人公にしたために、怖さも半減。失敗だったと思います。
ついにでに言うと、主人公意外のメンバーもバカばっかりで、自分たちが調べた部屋さえもちゃんと把握していないような行き当たりばったり。カラダ探しの期限が切られているのに、まあ明日もあるし大丈夫っしょ、みたいな気楽さで、緊迫感がまったくない。赤い人は音に反応するって知っているはずなのに、大声でケンカを始めちゃったりして、実写版進撃の巨人を見た時のような脱力感を覚えました。

設定についても何かしら3話目で変えなくちゃいけないと思ったのでしょう、1、2話は美紀のルールでガチガチに縛られていた赤い人が、けっこう自由に動き、発言しはじめます。天井や壁を走る、匂いで相手を感知する、人格があるような喋りをする…。これも率直に言って、つまらない方向にいったと思う。相手が絶対的な力を持っていながらも、ルールに従った動きしかしないことで、智恵を絞って出し抜く可能性も生まれ、それでもあと一歩及ばずに殺されてしまう、、というバランスに緊張感も生まれてくるのに、たいしたルールもなしに猛獣が自由に動き回っている感じだと、これ勝てるわけないじゃん…という感想しかなく、逆にそんな中なのに全員が大した苦労もなくカラダを集めきり、無事に行きたまま最後の瞬間を迎えられていることに、都合の良い展開だなぁ、という不自然さが気になってしまう。
1,2作目で上手く作っていた制約と舞台を崩したために、中途半端な作品になってしまった感じがする。

1 件中 1 件~ 1 件を表示