サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

hontoレビュー

ドミトリーともきんす

ドミトリーともきんす みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー89件

みんなの評価4.2

評価内訳

89 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

角が丸くなった科学

2017/03/09 10:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学の本は、普段読む機会があまりありません。
でも高野文子さんの本なら買わなければ!と思い、購入しました。
面白い・・・
科学の小難しい部分が、4人の科学者の個性とユーモアで緩和されています。
この一冊を読み終えたら、
高野さんが紹介してくださっている専門書も読んでみたくなりました。
私は特に中谷宇吉郎さんの雪の結晶の話が好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科学をのぞき見る

2014/10/09 18:11

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HN - この投稿者のレビュー一覧を見る

どっぷり入るには抵抗があり、苦手意識のある科学の世界に
高野さんの絵や言葉のフィルターを通して覗かせてもらうと
『なんか面白そうかも』と普段は閉ざされていた科学への間口が
少し広がるようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科学の本の紹介まんが

2015/10/31 10:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かたつむり1号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

物理学者たち(朝永振一郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹、ジョージ・ガモフ)と植物学者(牧野富太郎)が書いた本、それも主に随筆、を紹介するまんが。本を紹介するにはその人たちの考え方も紹介しなければならないので、彼らが学生寮で共同生活をしていて、寮母やその娘と関わっていくという設定になっている。

いってみれば『もしドラ』科学者版といったところだが、まんがになっているのが科学のとっつきにくさを象徴しているように思った。「科学の本ってヒンヤリしていて気持ちがいい」という著者の思いがよく伝わってくる。これまで読んだことがない種類の本で、とても面白い設定だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛くてためになる

2016/09/13 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

高野さんの作品、相変わらず可愛い!
今回は、時空を超えて4人の超有名日本人科学者たちが、「ともきんす」母子が切り盛りする下宿屋に住んでいるという設定
下宿で起こる身近な出来事から、科学を楽しく、解りやすく知ることが出来るお役立ち本です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドミトリーともきんす

2015/08/21 15:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむりねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一見昭和の絵本のような素朴な絵ですが、とても緻密に描かれた漫画です。朝永振一郎や湯川秀樹が登場人物で、高野文子のフィルターを通して彼らの世界観が語られています。「棒がいっぽん」や「黄色い本」が好きなので好みとはちょっと違いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好きと好きじゃないとよくわからないにわかれそう

2015/09/30 22:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kyod - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドミトリー(といいつつ下宿です)の管理人母娘とそこに住む4人の高名な科学者(の若かりし頃)のおはなし。
4人の科学者は、朝永振一郎(ノーベル物理学賞)、牧野富太郎(植物学の父)、中谷宇吉郎(雪は天からの手紙)、湯川秀樹(ノーベル物理学賞)というそうそうたる面々。
もちろんそれぞれに関連するテーマで描かれるけれども、それぞれが短いお話なので(漫画だし)、難解に思うほど踏み込んでないのでとてもあっさり読み終わります。
高野文子の絵はとても不思議な線で、漫画的な見た目と雰囲気ながら、得も言われない味わいです。
この絵とおはなしの内容は、好きと、好きじゃない(嫌いとまではいかない)、とよくわからないにはっきり感想が分かれそうだなー、という感想になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読書の秋に

2015/08/30 22:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:me - この投稿者のレビュー一覧を見る

暑いさなかに購入してしまいましたが、暑いとじっくり読む気になれません。
おそらく科学とか物理が苦手だったり、興味がなかったりする人にも、「科学って面白いんだ」と、興味をもってもらえるように紹介する意図でつくられた作品なのかな、とも思いますが、いかんせん「科学とか物理が苦手」な文系人間は、夏にこの種の話についていけません。暑くて、今まで縁のなかった難しい話に対し頭が働かないのです。秋になり、気温が落ちて、物思いとか読書にふさわしい気候になれば、ちょうどいいかんじで読めそうかな、と期待しています。
でも、巻末(あとがきの後ろに配置)のおまけみたいな小話「Tさんは、この夏、盆踊りが、おどりたい」は、夏にストライクど真ん中、です。漫画という形態における新たな表現技法見たり、さすが!と思わせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

う~ん

2015/07/12 10:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hohoho - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかりませんでした。
ごめんなさい・・・。自分でも情けないです。
高野文子さんは好きでけっこう家にコミックや特集本があるのですが、今回は完璧文系中年女子の私にはムツカシカッタです。
時間をおいて何度か読めば、少しずつわかっていくものでしょうか?
アマゾンなどのレビューではけっこう理解できてる?風の方が多く、自分にも大丈夫かと思ったのですが、ハードルが高かったかな?
作品自体に責任はないのですが、私の理解度ということで、★は三つで。
すみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/12 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/29 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/28 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/19 03:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/03 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

89 件中 1 件~ 15 件を表示