サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/09/05 19:22

投稿元:ブクログ

整形外科の来院で一番多いのが腰痛で、腰痛の85%はその原因がよく分からない。つまり、骨や軟骨などに変形が見られないにもかかわらず腰痛を訴えている人が約9割を占める。

腰痛には、大きく二種類ある。

一つは、いわゆる「ぎっくり腰」と言われている急性腰痛。その原因は、関節の捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症などと言われている。その回復は意外に早く、ほとんどの人は一週間から一か月ほどで痛みがなくなる。

もう一つの腰痛は、慢性腰痛。慢性腰痛には、筋肉が深く関わっていて、三つの原因が考えられる。

①不良姿勢による骨格と筋肉のゆがみ。
②筋肉の使いすぎ。
③筋力の低下・筋肉の伸縮能力の低下。

慢性腰痛で主に痛みを感じるのは脊柱起立筋や広背筋。この時に、骨盤と腰椎の間をつないでギュッと引っ張っているのが腸腰筋。腸腰筋は腰の痛みを感じる脊柱起立筋に拮抗する筋肉。

腸腰筋は一つの筋肉ではなく、大腰筋、小腰筋、腸骨筋という三つの筋肉の総称。おもな動きは、体幹の屈曲、股関節の屈曲と外旋、腰椎の前湾と骨盤の前傾。

施術であれば、大腰筋に確実に触ることができるおなかと、腸骨筋のある骨盤の前側をもむようにしてほぐし、連結している大腿直筋や縫工筋もゆっくりほぐしてゆるめる。

腸腰筋の筋硬結を見逃せない症状として、猫背、O脚、胃下垂、足のつまずき、チョコチョコ歩きなどがあげられる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示