サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

さいごの一葉

さいごの一葉 みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/10/14 05:35

投稿元:ブクログ

[墨田区図書館]

公文で出てきた、名作「スーホの白い馬」を読ませようと思って検索したところ、いもとさんによる「世界の名作絵本」シリーズが出てきたので、その関連で借りてきた一冊。

正直、いもとさんの画による昔話の再生本には、昔話によくある途中のどろどろした表現や雰囲気が払しょくされて、ともすると終わり方まで変わってしまっているものが多いのであまり好きではないのだが、全てがそうというわけではないし、とにもかくにも知識と本との触れあいを広げる1ツールとしては子どもにより親しみやすい"絵本"となるので、このシリーズを使ってみることにした。

子どもに(絵)本を読ませるようになってここ数年、改めて読まずに粗筋を話せる話が少ないことに自分でも気づく。題名や作者を諳んじていても、ともすると「好き」という本でさえ、いざ話を説明しようとすると、雰囲気や場面しか思い出せない、、、この話も、「最後の一枚が散ったら死ぬ」という患者の思い込みと描かれた一枚の葉のこと自身はわかっていても、登場人物のこととか、関係とか、何も覚えていないことに読んで気づく(笑)

ホント子育てって"気づき"の日々なんだよな、と読んでいてふと日常を思いおこされた。ちなみに息子は、ベアマンさんが描いたということを最後説明するまでわかっていなかったみたい。というより、ただただシーンごとに話を理解して、その関連性を意識していなかった、という感じかな?気づけるときもあるんだろうけど、まだまだもう一息だな。

2015/04/13 22:35

投稿元:ブクログ

寄って立つもの、生きるための手がかり、支え。
それは誰しも必要なもの。
例えそれが何であっても。

そのために人は生きて、そしてそのためなら、人は死ねる。

矛盾しているように見えても、矛盾していない。

2014/10/13 14:34

投稿元:ブクログ

オーヘンリーの傑作を絵本で再読。
「あの葉がすべて落ちたら、自分も死ぬ」
美しい友情は覚えていたけど、傑作を追い求めた老画家の存在も決意もすっかり忘れていて純粋に驚いた。
それぞれの最後の一葉にかける思いが切ない。
いもとようこさんの描いた最後の一葉の赤が自分の想像していた赤よりも、強く、物哀しく心うたれた。
生きる気力を蘇らせる魂を込めた赤。傑作だ。

3 件中 1 件~ 3 件を表示