サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2016/06/24 18:38

投稿元:ブクログ

 キース・リチャーズが物語を語り、彼の娘であるセオドラ・デュプリー・リチャーズが絵を描いた作品を、奥田民生が翻訳した絵本。
 キース自身による朗読CDが付いてくる。
 簡単に内容を説明すると、キースがまだ幼いころ、大好きだった祖父であるガスとの付き合いを通じ、ギターに目覚め、その祖父から初めてのギターを譲ってもらう、といったところか。
 僕は原本を見たことがないのだが、見たことがある人のレビューを読むと、どれも「日本版はしょぼくなっている」とのこと。
 また、朗読CDを聴けば判るのだが、翻訳もかなり端折っているようだ。
 だから英語が堪能な人は原本を捜したほうが良いかも。
 僕のように中途半端な英語力しかない人間からすれば、キースのしゃがれたドズの効いた肉声による朗読を聞きながら、絵を眺め、キースが何を語っているのかを知る補助として、日本語をチラホラと読む、といった楽しみ方が一番かも知れない。
 ちなみにその朗読CDには、ナイロン弦によるキースのマラゲーニャ(スペインの舞曲)の演奏や、スティーヴ・ジョーダンの他愛もないドラム・ソロも収録されているという、ある意味贅沢な内容になっている(ドラム・ソロを期待して本書を購入しないように。本当に数秒の他愛ない演奏だから)。

2014/11/04 10:24

投稿元:ブクログ

キースの絵本。何かミスマッチだが、彼も5人の子供、5人の孫を持つ爺さんだ。ガス爺さんから受け継いだ愛情が、この絵本には滲み出ている。

2014/10/26 12:42

投稿元:ブクログ

キース、こんな人だったんだと嬉しくなりました。素敵なおじいさんからもらったもの、キースもまた素敵なおじいさんになってる。
日本語訳だけでなく、英文もあったほうが断然いいと思います。

2015/06/12 13:33

投稿元:ブクログ

ザ・ローリング・ストーンズの原点が、ここにある!
伝説的ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズが、絵本を出版します! 翻訳は、1994年に大ヒットシングル『愛のために』でソロ活動を開始し、今年10月に20年目の佳節を迎えるシンガーソングライター・奥田民生氏。本書はキースの自伝的な要素が強い作品で、ビッグバンドのミュージシャンだった祖父・ガスが、幼い日のキースに一本のギターを手渡すまでの「魔法のような時間」の物語です。絵は、キースの実娘でアーティストのセオドラ・リチャーズが担当。祖父と夜の街を歩く楽しさ、楽器工房の魅力、ギターへの憧れなどが、透明感のある水彩画で彩られています。また、巻末には写真入りのバイオグラフィーに加え、キースみずからが絵本を朗読・演奏するCDがついています。ファンのみならず、子どもから大人まで、音楽を愛するすべての人に贈りたい絵本です。

4 件中 1 件~ 4 件を表示