サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/12/13 23:07

投稿元:ブクログ

ドラマ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝と妻・リタの国際結婚と、日本でのウィスキー製造について書かれた評伝。
資料に当たって克明に記されています。

竹鶴氏の実家はたいへんな名家で、兄達もびっくりするほど学歴が高く、家族に日本の未来を切り開こうという意識があったようですね。
リタのほうは、まず妹が知り合い、父親を亡くした家庭に留学生の竹鶴を下宿させたこと。
当時としては人種偏見がなかったということだと。
結婚に最初は猛反対した母親も妹の説得で許し、ずっと文通を続けたそう。
(ただし、戦時中は出来なくなりますが)

竹鶴氏は明るく社交的な性格だったそうです。
辛気臭いわけではなかったのかな?
頑固だったには違いないと思われますが。
ドラマの鴨居の大将こと実在の鳥井氏は、英国から技師を招くのにかかるはずだった高額な給料を竹鶴氏に払い(自伝によると竹鶴氏のほうからの要求)、後にはそれが負担になった可能性もあると。

竹鶴氏の自伝もあるそうですが、晩年に書かれたための記憶違いや、公表するものとして手控えた部分なども指摘されています。
ウィスキーの製造方法についてもドラマよりも詳しく、一通りの記述があります。
英国人が書いたものということで、一味違いますね。

写真で見るリタはほっそりと美しく可憐です。
お似合いの二人。
あまり身体の丈夫でないこの女性が、英語教師をして頑張ったり、和食を作ろうとこだわって奮闘したのですね。
酷寒の北海道で漬物つくりとは大変。
面白おかしく描かれたドラマの雰囲気こそありませんが、信用できる史実として、ひたむきなリタの献身と夫婦の愛情に感銘を受けました。

2016/07/17 21:04

投稿元:ブクログ

ドラマ見てないけども、国際カップルの珍しい時期に日本で生活した女性に興味を惹かれて読んだ。強い女性だ

2017/04/28 21:31

投稿元:ブクログ

テレビドラマのおかげで便乗商法的に多くの関連本が出版されているようだが、いくつかの書評を慎重にチェックしてから、本書を選んだのは正解だったと思う。ドラマを想起させるタイトルになってはいるが、内容はまさしく原書のそれどおり、日本における本格的なウィスキーの誕生の物語であり、史実を丹念に追った学術書と言ってよい。

特に、マッサンとリタの出会いから結婚生活に関して、ロマンチックな愛情物語のようなものは徹底して排除されており、ドラマを見てそのあたりを期待した読者がいたとしたら、期待は完璧に裏切られる。学術書とは言いすぎかも知れないが、膨大な資料を元に、竹鶴正孝氏がどのようにスコットランドの伝統的なウィスキー造りを学び、日本でどのような苦労をして、ウィスキー製造技術を伝え、育て上げたか、またリタに関しては、当時の時代背景を踏まえ、一人のスコットランド人女性が日本で暮らす様がどのようにあったか、ひたすら正確に記録に残すべく書かれている。

二人の恋愛に関しては、お互いがどのように好意を持つようになったか、結婚生活がどのような愛情に満ちたものだったか、などには著者は一切踏み込まず、両人それぞれの感情を安直に推測したり、代弁しない姿勢を貫いている。あくまで遺された手紙や、本人や周辺の人々の発言を追いかけて、記録するに留めている。

本書を読んで、竹鶴正孝氏の偉業についてはよく理解できた。本書を引用すれば、氏の業は「正真正銘のウィスキー作りの技術の芽を日本の大地に根付かせるという使命を片時も忘れることはなかった」によく表されていると思う(本分215ページ)。

最後に役者あとがきの中で訳者は、著者のチェックランド氏には「人と人との出会いに歴史の源流がある」という視座があると語っているが、まさに正鵠であろう。さらに言えば、訳者は「世界史はひとつの文明が他の文明を駆逐する動態である...(中略)しかし、文化は融合する」と指摘する。それもまた真理であり、かつ人類にとっての福音であると感じた。

良書です。

2014/11/08 13:34

投稿元:ブクログ

リタについての外国人が書いた伝記ということで読んでみました。なんといってもこの本の一番の評価点は、書いてある一文一文がどの参考文献に基づいているかきちんと載っていることでしょう。

政孝の自伝では分からなかったことも、こちらでは詳しく分かります。また、スコットランドの地図が載ってるのもいいです。それに政孝の自伝で、ホームシックで毎夜涙にぬれていたのにリタの家族と過ごすようになって、ホームシックがうそのように治ってしまったとあり、ここをリタの家族と行ったり来たりして、と読んでいたのですが、この本を読むとリタの家の下宿人となっていたとあり、そうだったのかと思いました。それで政孝がリタと会ったのはリタの父が亡くなってからである、と自伝にお孫さんが事実と違う点についてとして一文をのせていたのですが、その意味がわかりました。

2015/05/10 08:56

投稿元:ブクログ

大変良かった。
文章は論文のようなレポートのようで硬い。小説のようなふたりの伸びやかな感情の動きは出てこないけれど、事実を事実として積み重ねていったこの本を読んでいるうちに自分で想像できるのがいい。とはいえ朝ドラのマッサンをみていたから、もちろんその物語を下敷きにして想像してしまうわけだけど。

あと小説とちがって歴史的背景も事実として知ることができてよかった。なにより嬉しかったのは引用としてクララ・ホイットニー(勝海舟の息子の嫁)の言葉が出てきたこと。そうかこの時代にマッサンとリタは生きていたんだな。

2014/08/29 02:38

投稿元:ブクログ

ご参考までに。
“本書は、一九九八年九月に日本経済評論社より刊行された『リタとウイスキー 日本のスコッチと国際結婚』をもとに、増補・改訂したものです。 ”
〜238頁より〜

2015/01/05 14:16

投稿元:ブクログ

NHKで放映中の「マッサン」が仕事の関係で毎日観えない為、内容がわからなくなるストレスを無くすために読んでみました。今後の展開予想やニッカウィスキーが出来る過程などが分かって良かったです。ただ、あくまで資料本なので、小説のような感情移入が出来ない点が寂しかったです。

7 件中 1 件~ 7 件を表示