サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/01/05 20:16

投稿元:ブクログ

朝日の柄谷行人の書評から読んでみました。

プラグマティズムというものがどんなものか理解できてそれは収穫だった。あまり期待していなかったけれど予想に反してかなりいい本だった。かなり興奮する内容です。

哲学を回避するけれどプラグマティズムが反省(省みること)から自己と学問と世界を帰納的であり総合判断的である思考から改善への配慮を行うという革命思想であるという。それこそが真に哲学だろうと言う内容だった。アメリカの知識人と言えばチョムスキーとかハワード・ジンぐらいしか知らなかったけれどプラグマティズムと言う系譜があることに吃驚した。

預言的プラグマティズムはマルクスなどにも親近性があるという。アメリカと言えば反共でマルクスなんていったら排除されるだけかと思っていたけれどちゃんと預言的プラグマティズムがあるんだなって知れてよかった。

アントニオ・グラムシを高く評価している。読んでみようと思った。

有機的知識人というものは哲学として反省から自己と学問と世界への改善の配慮ある世界を言っているということが書かれている。そういった配慮あるものが有機的であるという。例をあげればツリー構造などは無機的と言えるのかもしれない。僕は建築に縁が少しあって幾らか本を読んだ。フランク・ロイド・ライトと言う建築家が有機的建築と言っている。そういった有機的建築家とは有機的知識人としてあるといえる。それは反省からあると言える。その有機的建築と反省からの哲学の関わりをいくらか研究してみたいと思っている。建築は果たして有機的足り得るのか哲学足り得るのかと反省として有り得るのかいうことを課題としてみたい。

預言的プラグマティズムとはいいことを知った。

1 件中 1 件~ 1 件を表示