サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

冷たい晩餐

冷たい晩餐 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

冷たい晩餐

2015/09/29 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しらふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化も決定されたとのことですが・・・一足先にイタリアで映画化されたものを見ましたが、かなり別物のようでした。レストランでの描写とミステリーが同時に語られ確かに読後感はあまり良いものではありませんでしたが構成力がすごいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この晩餐の後味の悪さは天下一品です。そういう意味では評価しても良いのかもしれませんが...

2015/08/13 15:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hacker - この投稿者のレビュー一覧を見る

訳者あとがきによると、作者のヘルマン・コッホは、オランダ生まれで、俳優兼小説家として活躍しており、2009年刊の本書は六作目の長編小説となるそうです。

内容は、一人称の主人公パウルが妻クレアと一緒に、兄で著名な政治家セルジュ・ローマンとその妻バベットと、とある高級レストランでディナーを取るために出かけるところから始まります。ディナーは、一見何事もなく始まりますが、読者は主人公の語り口が妙に攻撃的なことに気付きます。そして、次第に、テーブルについている4人、主人公たちの息子、兄夫婦の実の息子とアフリカから連れてきた養子、彼らが共有する深刻な問題が徐々に明らかになっていくのです。

本書の後味は最悪です。その理由は、人種と階級と遺伝を中心とした差別感情を物語の中心に据えているからで、しかも、主人公自らが率先してその感情に拍車をかけているような展開だからです。ですので、読んでいて不快なこと、おびただしいです。ただ、そういう悪しき感情を悪しき側から語った作品でもありますので、その点は酌量してよいと思います。

ただ、私が腹が立つのは、作者は仮にも俳優を職業にしているにもかかわらず、二本の映画を混同したり、いい加減な映画の解釈を、とくとくと(?)述べたりしていることで、したがって、この分★一つ減点してあります。あしからず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/08 22:20

投稿元:ブクログ

もうちょっとグルメ系かと思ってたらそうでもなかった。

「アフリカからの養子」の扱いが半端。
ただの狂言回しになっちゃってる。
敢えて、のこの設定は不要な気がする。

最終的には、母性愛は強し、かな・・・

3 件中 1 件~ 3 件を表示