サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

20番目の希望

2014/10/15 01:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:芥川芥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

Twitterの著者広報室によると、長編20作目らしい。

同じく広報室で紹介されていた著者直筆色紙には、
当作品について「読みやすい!」と書いてあった。

確かにこれまでの著者の作品と比べると、やや文体が簡素である。
(例えばガンダム等のネタがないし、外国語のルビもない)

私の乏しい読書歴では、あまりここまで雰囲気が変化する作家もいなかったため、
20作目にしてそれをがらりと変える(今回だけかも知れないが)というのは
作家として大きな挑戦ではないだろうか。
不遜ながら、それひとつとっても、今作は著者渾身の一作だと思う。

現実とはどこか違う、おかしな現象の起こる孤島にワープ?してしまった、女子高吹奏楽部の24人。
物語は、彼女たちが孤島の謎を解き、なんとか現実の世界へ戻ろうとするさまが描かれる。

孤島の謎に翻弄される一方、女子高生たちは理不尽に命を奪われ、
部内の微妙なちから関係もあり、次第に仲間を疑うようになる。

理不尽にひとが死ぬことはそれだけでもしんどいものだが、
極限の状況下で生まれた疑心暗鬼のため、
「お前が殺した」「いやお前のほうが動機がある」などと
お互い憎しみ合い、決裂していく様子は更にしんどかった。

まったく同じ経験をしているわけではないのに、どこか生々しく、こころが痛んだ。
古野まほろの、こういった微妙な心理描写の徹底さは時折おそろしくも感じられる。
ひとの醜さも汚い感情も、逃げずに書いているから、読者も逃げることができない。

島の謎の解明も女子高生たちの絆も、その決着は是非本書を読んで確認して欲しい。

そして、おそらく著者が、デビュー作からずっと根底のテーマとして持っていたもののひとつの答えも。
それは作家自身の希望なのかも知れないし、こうあって欲しいという祈りなのかも知れない。

緻密に練られた物語を通じて、痛切にそれを訴えかけてくる本書は、
確かに20作目にふさわしい大作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/19 14:24

投稿元:ブクログ

表紙がホルンとクラとトランペットを持つ女子高生だったので手に取った。吹奏楽部員が校舎ごと異世界に飛ばされるSFサバイバルもので、脱出方法とかは飛ばし読みだったものの、ブラバンのパートごとの特性を活かした内容だったのが面白かった。

2017/01/26 21:53

投稿元:ブクログ

01/26/2017 読了。

図書館から。

んー…。
途中がすごく面白かったのですが、
自分数学さっぱりなんで、
回答編なところは、さっぱし????でありまして。

分かる方が読んだら違うんでしょうね。と。

にしても、女の子が集まると、
最終的な結果は同じになるね、恐ろしいねー。

2014/10/18 18:43

投稿元:ブクログ

SF冒険サバイバル、だけど本格という非常に古野まほろらしい1冊。らしくないのはすっきりした文体だけだw
ただ、一見、ミステリアスで心惹かれるタイトルが、実は盛大にネタバレしてるのではないか、という懸念も。理系の人は要注意w

2014/11/10 12:54

投稿元:ブクログ

突然謎の島に飛ばされた吹奏楽部の女子高生たちが、島のルールを解明し脱出をはかるミステリー。既読の『セーラー服』シリーズと比べて突飛な内容で、どういう世界設定でどう回収するのか読めず前半興奮しましたが、数学苦手過ぎて解決方法ほぼ理解できず。こんな世界を考えつくのが凄いし、吹奏楽部あるある等の細かい小ネタあり、博識な著者の倫理観のチラ見せあり、でもちろん面白かったけれども、もう少し濃いものを期待していたようで若干肩透かし感が。(数学イケる人はまた感想が違うと思います)。いや面白いのですが。

2015/05/07 22:58

投稿元:ブクログ

最近のまほろはいずれもそうだが、テイストを維持したままストーリーテラーとしての描きっぷりが大変良い。
今回はミステリ要素は薄く、どちらかというと軽くSF。 しかし、まほろは主要登場人物のバランスどりが巧みで、ゴレンジャーのようなオーソドックスなお約束を体現してる。
あとはまぁ、戦争ゲーム的な要素は少年心をくすぐる。
4-

6 件中 1 件~ 6 件を表示