サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

鈴木書店の成長と衰退

鈴木書店の成長と衰退 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/03 23:03

投稿元:ブクログ

 僕も大変お世話になった鈴木書店の創業から倒産まで。僕がお世話になっていた80年代から90年代前半、それでも結構な取引があったと思うんだけど、鈴木書店の全盛期は60年代後半だったという。80年代にはもう既に後退期にはいっていた。そんな感じはしなかったけど、最盛期にはマル経の強い大学には大月書店の箱入りの「資本論」セットが5〜600セット納品していた、というような話しを聞くと、確かに後退期にはいっていたんだろうなーとも思う。そして、今では、たぶん1セットも売れていないだろう。岩波書店の「日本古典文学大系」は30万セット売れたという。ところが、今でている新版は3000部らしい。1/100である。
 そんな時代だった、と片付けることは出来ない。つまるところ、鈴木書店の衰退、倒産は、教養を蔑ろにしてしまったこの国の施策の結果だったんだと思う。それは今に続くこの国の危機。
 書籍業界の半世紀を俯瞰できる良書。

1 件中 1 件~ 1 件を表示