サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

死に支度

死に支度 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

さすが・・・

2014/12/24 14:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は人間的にも尊敬している人物で、90歳を超えられてさらに人間としての深みが増しているというか・・・
この作品も、読み始めた頃は寂庵での日常を描いただけのものかと思っていたのですが、読み進めると寂庵スタッフとのやりとりのひとつひとつが本当に人間味があるというか、家族の絆よりも強いなにかが生まれていく過程が読み取れて、一気に読み切ってしまった。
最後の著者からの手紙には、自分に宛てられたものでもないのに、なぜか涙が出てきてしまったのと同時に、著者の根底にあるユーモラスな表現で締めくくられていて、読み切ったあともしばらく余韻に浸ってしまった。
いくつかの作品を読んでいるが、さすがとしか言いようのない作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シャレ満載

2015/10/28 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから、すでに洒落ている。ある意味でのブラック・ユーモア。内容も、エッセイといっていいのだろう、寂庵の若い女性スタッフとのやりとりやら、庵での裏話やら、十二分に笑わせる。性を書き続け、だからこそ酸いも甘いも…寂聴さんならではの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待外れ。

2015/09/02 06:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AROMA5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大御所の作品。タイトルに惹かれて購入。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/04 23:34

投稿元:ブクログ

50代は ひよっこ。そんな感じになる。
ぼけへのおそれ。
友人や知人の死。
それでも 働き続ける 書きつづける
力入っていないのに、
迫力のある 日々が 立ち上がってきます。

2015/04/08 10:56

投稿元:ブクログ

久々に、瀬戸内寂聴さんの本を読みました。始め、マネージャさんの一人称ではじまるので違和感がありましたが、全体には面白く改めて達者だと感心しました。死ぬまでに書いて置きたいこと、ご自分の家のこと、尽きないでしょうが、死に支度2を出しても良いのではと思います。

2015/02/14 23:00

投稿元:ブクログ

いつ死んでも悔いはない。毎日が死に支度
という92歳で 現役作家の寂聴さん。
自分たちを養うために働くのはもうやめてと
寂聴さんを思い 一斉に退職したスタッフに代わり
一人残った24歳のモナさんが 最高に楽しい!
ホロっとしたりクスクスしたり 面白かったぁ~!

2015/05/15 05:42

投稿元:ブクログ

92歳を迎えた著者の死に対する態度を書いたエッセイ。70台ですでに生前葬を行い、そのさらに前に出家しており、とっくに死んだものとなって胃はいるがなかなか実際には死なず、多くの人を看取る一方精力的に活動しその有り余るとても92とは思えないエネルギーを他者との交流や執筆に当てている毎日。

2015/03/22 09:53

投稿元:ブクログ

ちょっと謎の多い寂聴さんの今

パワーの大きな人の周りには、自然とパワーの大きな人が集まって来るんだなぁ。
ちっぽけな私にはちょっと真似できないけど、羨ましい&出来たらいいなぁ・・・と思える生き方が詰まってます。

2015/08/14 11:56

投稿元:ブクログ

さすがの文章力に感嘆した。
とても優しい文体で、本を開くとセミの声や周りの喧騒が一段遠くに感じられる気がする。静かな心持ちで読書に耽ることができた。

目の当たりにしてきた様々な死と、目の前に迫ってくる自らの死。自らのそれを迎えるまでにやれる事を全力で取り組みながら、一方で寂庵の庭の植物を愛でながら静かに待つ。できてないと綴りながら、それこそが死に支度なんだろうなぁと、勝手に感じた。

2015/02/11 22:15

投稿元:ブクログ

寂聴さんとその周りの方々の日常。
思わず肩の力が抜けて、ふっ
と笑ってしまいます。

老いは誰にでもやってくるもの。
準備をすることは自分への向き合いともに
周りの人たちへの心づかい(感謝)でもある。
心づかい

2015/06/25 00:22

投稿元:ブクログ

誕生日が、同じ。得度以前の作品は生々しくてまだ読めず、エッセイをさや対談をよく読んでます。書簡形式の文面もあり、興味深い。

2015/11/19 11:21

投稿元:ブクログ

まだまだ死に支度はしないけれど、寂聴さんの90歳すぎても衰えない、エネルギッシュさはすてき。
そして彼女の周りには私くらいの年齢の若い子がそばにいて、それが元気の源になっていることを彼女も知っているはず。

12 件中 1 件~ 12 件を表示