サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

池田屋乱刃

池田屋乱刃 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

2015/06/22 16:59

投稿元:ブクログ

幕末、池田屋、というと新撰組しか頭に浮かんでこないような幕末史初心者だったので、出てきた人物のほとんどを知らなかった。だがその分、こういった人の血肉が新しい時代への礎となっていったんだなあと感慨深い。

2014/12/28 16:11

投稿元:ブクログ

池田屋事件を、倒幕派の志士たちからの視点で描いた短編集。新撰組側の話だと思って読んだら、違った(笑)
でも面白かったです。教科書レベルの知識しか持っていない私でも充分楽しめました。
特に宮部鼎蔵と吉田稔麿の話が好き。

2015/03/13 00:48

投稿元:ブクログ

池田屋にまつわる短編集5編。
1、二心なし‥新撰組の間者福岡祐二郎
2、士は死なり‥蝦夷の守りをめざした北添佶摩
3、及ばざる人‥吉田松陰と宮部鼎蔵の友情、桂小五郎の嫉妬
4、凛として‥吉田稔麿
5、英雄児‥桂小五郎改め木戸孝允の卑怯
幕末、たくさんの人々が日本のことを考えて行動したことに改めて考えさせられた。

2015/01/15 07:47

投稿元:ブクログ

 幕末、京都三条木屋町の池田屋に集まった尊皇攘夷派志士を新撰組が襲撃した。
本書は、池田屋事件に関わった志士、そして新撰組隊士、さらに新撰組間者など、多くの視点からひとつの事件を描いていく五編の連作集。その背景には、いま正に旬の吉田松陰、坂本龍馬など維新を動かした人々の姿も描かれている。
幕末の一時期、ひとつの事件にフォーカスしつつ、その時代を書きだした面白い作品だった。

2015/07/16 11:17

投稿元:ブクログ

彼にしては、いまいちだった。
しかし、人間のドラマは、
じつは、この時代特有なものではなくて、
つねに存在してるということを 感じた。

2016/04/28 13:03

投稿元:ブクログ

男ってさ、すーぐ周りの「熱」にヤラれるよね。
馬鹿だなぁ。
馬鹿って切ないくらいに愛おしいなぁ。

2014/10/31 14:47

投稿元:ブクログ

池田屋事件をめぐる5つの短編集。オムニバス形式。
読みやすく、面白い。
好みとしては伊東さんの戦国物の方が好きだけど。

1章:二心なし
福岡祐次郎(伊予松山)
浪士組のスパイとして三条家家士・丹羽正雄の用心となり…

2章:士は死なり
北添佶摩(土佐)
蝦夷地を視察、何とかすべく動くうちに…

3章:及ばざる人
宮部鼎蔵(熊本)
松陰との交流から池田屋事件に至るまで

4章:凛として
吉田稔麿(長州)
松陰の志と現実(親への孝行)との間で苦悩しながら…

5章:英雄児
乃美織江(長州)
維新後、病床の桂が池田屋事件について話す

2015/05/03 16:37

投稿元:ブクログ

池田屋事件についての連作短編集5編。志士側。

二心なし (福岡祐二郎)
士は死なり (北添佶摩)
及ばざる人 (宮部鼎蔵と吉田松陰)
凛として (吉田稔麿)
英雄児 (木戸孝允と乃美織江)

2015/05/16 12:02

投稿元:ブクログ

幕末の池田屋事件にかかわる人物たちの連作集。

「二心なし」福岡祐次郎
「士は死なり」北添佶摩
「及ばざる人」宮部鼎蔵
「凛として」吉田稔麿
「英雄児」乃美織江
の5編収録。
福岡と乃美は全く知らなかったので、いつものように作者の記録にはあるものの無名の人物の掘り起こしに感謝します。
それぞれ、主人公の視点での物語ですが、全編を通して一つのミステリーがあり、最終章で明らかにされます。
桂が池田屋事件に巻き込まれなかったのは対馬藩邸にいたためという既存の定説に対し、池田屋から対馬藩邸に逃げた、という唯一の異なる証言説をとっている点で、これまでの池田屋事件ものと一線を画しているところがあります。
そのような証言があったことを掘り起こして物語にしていただけたことにも感謝です。

2015/05/09 08:04

投稿元:ブクログ

「志士は欲心も功名心もない。この世を良くしたいだけ。」という思いでこの時代を死んでいった志士。それに対して、池田屋事件で敵に背中を見せて遁走し、仲間の助けにも行かなかった維新三傑と言われる桂小五郎。不条理さを感じさせる小説でした。

2016/02/07 08:27

投稿元:ブクログ

池田屋事件を中心に、討死した者、逃げた者、遅れて来た者、助けに行かなかった者など、人物にスポットを当てて描き出す。
さて、自分なら、どうしていたか。

2016/01/30 21:36

投稿元:ブクログ

明治維新で流れた武士たちの血。

池田屋に集まった倒幕派が、新選組に襲撃される通称
池田屋事件。

新選組の間者だった福岡祐二郎。
土佐藩の北添佶摩。
肥後藩の宮部鼎蔵が過去に思う吉田松陰。
襲撃に加勢する長州藩の吉田稔麿。
桂小五郎と乃美織江の関係、事件当時の桂小五郎の真実。

武士って、めんどくさくて大変で頑固でとっつきにくくて疲れるなーって思うところもあるけれど
その分彼らの世の中を思う情熱が、あまりにも熱心で堅気で真面目で、かっこいいとか思っちゃう。

桂小五郎はどちらが真実なんだろう。

時代小説ってあまり読み慣れなくて
なおかつ歴史に疎い私でも、読めたよ。
これをきっかけに歴史を知った。勉強になるー)^o^(

12 件中 1 件~ 12 件を表示