サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

おにのさうし(文春文庫)

おにのさうし みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

鬼にまつわる平安時代の物語

2015/03/31 22:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

巻末の解説を先に読むと、夢枕本人が本書は陰陽師の別巻的存在だと言っている。本書は3つの話から構成されている。いずれも平安時代のストーリーである。ここでは3話とも陰陽師は出てこないが、タイトルのとおり出てくるのは鬼である。陰陽師でもそうだが、鬼と言われてもどんな存在なのかピンと来ない。都合の良い、あるいは都合の悪い時に登場してもらうキャラクターなのかも知れない。

 最初は今昔物語に登場する話である。染殿の后という大変美しい姫がいたが、妖しの怪がとりついた。その祓いに呼ばれたのが真済聖人であった。妖しの怪は祓うことができたが、聖人が染殿の面差しを見て、ぞっこん惚れ込んでしまった。とはいえ、相手は后なので簡単にはいかない。そうは言っても諦めきれない。そこからの話が面白い。

 二話目は紀長谷雄という文章、詩の達人の話である。あるとき、長谷雄が道を歩いていると、誰かが詩について話しかけてくる。しまいには、勝負することになった。長谷雄が勝ったのだが、相手は鬼であった。鬼は次はすごろくで勝負だという。鬼は絶世の美女を賭けるという。とうとう長谷雄は自分の持っているもの全てを賭けて、鬼を勝負することになった。勝負にはさらなる条件があった。長谷雄草紙という本があったそうだが、本話はそれが出典だそうである。

 三話目は小倉百人一首でも参議篁として名高い、小野篁の話である。篁は文章にかけては白楽天にも認められた英才である。風変わりな性格らしく、人からは冥界で閻魔大王の傍らにいて、裁判を手伝ったと言われていた。本書では出てこないが、伝説ではこのために篁が使ったと言われる冥界に通じる井戸が遺されているとも言われている。

 篁は腹違いの妹がいたが、いつしか妖しい関係になる。しかし、妹はほどなくこの世を去る。篁は何とかしたいと願って道摩法師に依頼する。道摩法師は、陰陽師などに登場する蘆屋道満の原型らしい。道摩法師の指導で冥界に行き、閻魔大王に相談するという話である。何とも童話的だが、いかにも闇の世が支配する時代の創作である。

 長谷雄や篁は文章、詩の達人だけあって、とくに詩がいくつも登場する。詩に興味のある人には楽しみ方がさらに増えるであろう。百鬼夜行の描写も面白いが、くれぐれも鬼に遭遇した際はバリバリと喰われないように注意したいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/01 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/19 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/20 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/16 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/04 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/11 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/14 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示