サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/02/25 14:25

投稿元:ブクログ

法解釈学と立法学の初歩としておすすです。法律学における目的論的解釈というものを知ったときあまりピンと来なかったのですが、本書はそれをわかりやすく理由を述べているといえます。人生においてもあらゆる場面で目的を考え、それに沿って道を進んでいくという手法が身に付くことでしょう。

2015/09/28 17:17

投稿元:ブクログ

法律学を学ぶ前に知っておきたい心構えとして。
条文を読むのが苦痛で勉強が進まない時に。
論理性とバランス感覚がリーガルマインドの命。

ビジネス書のような砕けた感じだが、中身を読み進めると、かなりおちゃらけた文章があって笑ってしまう。子どもでもわかる馬鹿げた例えと、イラストが妙にインパクトがある。

できれば、コミック版などで民法、行政法、会社法などの解説シリーズを書いていただきたい。
こういう法学の先生がいたら、楽しいだろうな。

2016/02/21 18:03

投稿元:ブクログ

同著者の前作と比較すると、新しい知識はそれほど得られなかったが、法律に対するスタンスがより柔軟になるような内容。いうなれば、前作のように、「目からウロコ」という知識はなかったが、「こういう読み方もあるんだ」という知識を本作では得られたと思う。
これまではどの法律についても、法律の規定を単純に覚えていくような勉強をしていたが、この本を読むことにより、一つ一つの条文をピックアップするのではなく、その条文のみならず、その法律そのものにどのような背景があるのかを考えながら読もうとする努力をしようとする気になった。

2016/11/02 20:35

投稿元:ブクログ

著者の前著と同趣旨のものなので前著読んでからだと新鮮味には欠けるが、サクッと読めて、元不真面目法学部生にとってはハッと気づかされる記述があり、しかも易しく書かれていてありがたい。
これまで漫然と法律を自分なりに解釈したり、解釈論を読んだりしていたが、本書の締めの部分にある、妥当と思われる結論と条文をつなぐものが「法解釈」なのだという話はなるほど。

2016/04/26 22:21

投稿元:ブクログ

非常に面白く勉強できました。解説が初心者に沿った易しい表現で書かれているので、これは学生の初学者にも、公務員の勉強本にも、よいと思います。
普段から法律の勉強は好きだと自覚はしているものの、法律ってこんな風に書かれているんだと改めて知ることが多かったです。また、法令用語の復習にもなりました。

2015/09/13 21:15

投稿元:ブクログ

基礎的な法律の考え方について、法律学者ではかけないような簡単な例えで解説した本。
細かい部分の考え方など参考になる部分が多かった。

6 件中 1 件~ 6 件を表示