サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術 第2巻(双葉文庫)

東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術 第2巻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/07/04 11:37

投稿元:ブクログ

第二巻では、講道館以外の流派の柔術が中心です。
登場人物が多いのにそれぞれにちゃんと見せ場があるのが好印象ですね。
話の中心が徐々に西郷四郎に移ってきていますね。
修羅の刻でも西郷四郎の回があって、けっこう良かったんですが、こっちはどうなることやら。
もちろん、期待大ですけれどね。(^^

2015/03/29 11:58

投稿元:ブクログ

 明治時代、「警視庁武術試合」へ向け、嘉納流講道館に対抗すべく九州と関東で古流柔術の猛者たちの闘う姿が描かれる。

 第1巻では、嘉納治五郎と講道館四天王にスポットが当てられていたのに対して、本巻では、新興の講道館をライバル視する古流柔術の猛者たちの死闘が展開し、この後の警視庁武術試合が盛り上がってきます。

 その中で、他流の柔術と嘉納流講道館の違いが浮き彫りになり、これから迫る対決がとても楽しみなりました。

 明治という時代は、侍が滅ぶ一方で柔術を通して男たちの強さが試される時代だったというのが伝わってきました。

2 件中 1 件~ 2 件を表示