サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

全身ジレンマ(双葉文庫)

全身ジレンマ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2016/04/23 09:31

投稿元:ブクログ

女装癖のあるゲイ・マツコと、ホモの旦那を持ち結婚しているとはいえ半ばシングルのような状態の中村うさぎが、人生の過ごし方とは?幸せとは?と、独自の目線から考える。

両者とも挫折なり、様々な葛藤なり、そういったものを少なからず芸風の一部にして芸能界でやってきている人たちだから、「コイツなら上辺の話じゃない話が出来る」と互いを信頼してこのディープなやりとりが出来上がったんだろうなあ、と伝わってくる。
少しでも、そういったアウトサイダーな道に足を踏み入れたことがある人なら、世間一般の幸せ、の中で生き辛いこの2人を通じて思うところ沢山あるのではないだろうか。

2014/09/26 09:57

投稿元:ブクログ

中村うさぎと三浦しをんの本が面白かったので、続きで読んだ。濃いなー。しょっぱなから自分をさらけだすような書簡。ときにはぶつかり合い、励まし合い、二人が仲良いのがよくわかった。特に中村うさぎさんの見方が変わりました。

2016/07/10 02:47

投稿元:ブクログ

内臓を抉られる思いで読了。
自分との格闘、世間との距離。
この人たちの様にとことん突き詰め、答えを出す勇気は、私には、無い。

2014/10/19 21:43

投稿元:ブクログ

人生のこと、性別のこと、死のこと。。ドロドロとした自我を暴いていく往復書簡には、テレビで見るような明快で痛烈な語り口はあまりなくて、でもとても心に響く言葉があるのでした。

「自分のためだけに生きるのって、限界があるわよ」「幸せの条件って『主観』という覚めない夢の楽園にどれだけ安住していられるかって事だと思う」中村うさぎさんの言葉も刺さります。この人の「人生のテーマ」にかかれば、いわゆる「自分探し」など、子供だましというか、幻想のよう。

2015/01/05 13:08

投稿元:ブクログ

これもなんとなくで手に取ってみた本やけど、めちゃくちゃおもしろかった。
二人とも、特に学問として勉強をしてきたわけではないのにもかかわらず、人間のことをすごくわかっているように感じた。自分の生活からきちんと物事を見ることができているひとたちで、ことばに重みのあるひとたちでした。
ここまで率直になんでも話せる間柄だというのも、すごいことです。このひとたちの素直さを見習いたい、、。

2016/12/05 20:36

投稿元:ブクログ

マツコの本が数冊出ていることを知ったので購入、読了。普段、中性的な立場からストレートな言葉を放ち、お茶の間で見ない日はないくらい人気なマツコ、どんな経緯で彼女が作られたのかと思いつつ読んだ。読んでみて思ったことは中村うさぎとマツコが仲がいいからこそ語ることができる、本音な部分だ。特に、中村うさぎに関しては世間に認められるため、世間を知るため、デリヘルやらホストやらなんでも体験してきた。その中で見えた世界に希望なんてないように感じた。確かに一度しかない人生、その時は一瞬しかないのだから、その時を生きなければならないのだが、それを経験したことで残るものが自分を破壊するものでは意味がない。軽い気持ちで購入、実際対談形式なところもあるので、サクサク読めてしまうが内容はディープなため、明るい気持ちにはならない。あと、驚いたことがもうひとつ、2009年当時の話だが、今をときめく小池百合子の話が出てきた。2人に言わせると「スカートを履いた男」だという、確かに男の中をヒラヒラして舞う一匹の蝶なのかもしれない、また男的な感覚がなければこのポジションには立っていることができないのかもしれない。また、小泉進次郎はまだ小童的な存在であったと書かれていた。今の時代に2人ならこの政治家達のことをなんと書くのだろう⁇

2014/12/14 19:30

投稿元:ブクログ

マツコ・デラックスと中村うさぎという個性的な辛口コンビによる往復書簡。かなり強烈。いろいろな問題や話題に切り口を入れ、語り合う2人。共感できる部分が多いため、読んでいて楽しい。政治問題・フェミニストなどにも恐れず、ストレートに言っちゃうのを見るとかっこよさも感じる。マツコ氏のナンパ話は意外過ぎてびっくり。

2015/11/14 23:40

投稿元:ブクログ

2015.11.03

出張に行くので、その飛行機の中で読もうと借りた本。
薄さもちょうどよく、この2人の語り口なら楽しく読めるかと思ったのですが、なかなか深い内容でちょっとビックリ。
中村うさぎさんとマツコデラックスさんのお互いが持つ己の “業”と“煩悩”などについて深〜く掘り下げて語っている内容で、『あ〜わかるような気がする…』と、思わず自分の内面についても考えさせられました。
最後まで読みましたが、読んでいて暗くなるうえ、求めていた軽い内容ではなかったので、続編の『自虐ドキュメント』は読まずに図書館に返します。

8 件中 1 件~ 8 件を表示