サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/01/16 10:10

投稿元:ブクログ

タイトル通り、心理職がセクシャルマイノリティのクライエントとかかわるための論文集。
不安を誘う副題は、執筆陣の経験や先行研究からきちんと書けるのはここだけだから同性愛と性同一性障害に対象をしぼります、ということらしい。
抽象的な部分はともかく経験に則した後半は良かった。
学術の文章の中ににじみでる、目の前の人の苦しみを軽減したいという意志に打たれる。
第三部だけでも心理職に限らずいろんな人に読んでほしい。


序盤はセクマイの概念や歴史などが抽象的に説明される。
こういう本がでるのは大事なことだけど、学術の俎上にのせられると、セクマイが特殊なカタマリとして観察されているみたいで嫌だ。
分類や書き方もややこしい。
善意のシスジェンダーへテロがいきなりこれを読んで、人としてのセクマイを理解できるのか疑問に感じた。
キリスト教圏の認識を人類の認識とみなしている部分があるのもいただけない。
知らないうちにDSMが新しくなってたのねとか、勉強になった部分もあるけれど、気持ちの上で読みにくくてやたらと時間をくってしまった。

しかし後半はきちんとセクマイを人間扱いしてきた臨床家の文章が続いてぐっと読むのが楽になった。
特に第三部はセクマイを説明するのではなく、心理職の側の気持ちに焦点を当てているのがいい。
自分の偏見に気づく必要があるのは心理職に限ったことではないし、対象もセクマイに限らない。
具体的な対応策が、自分がばかなことをしないための参考になった。


ついでに言えば、心理職以外の人も心理職を人としてみる必要があるんだと思った。
心理的な援助は機械的にできる仕事じゃないから、自分の中の価値観や信念がどうしたって顔を出す。
それが助けになることもあれば足を引っ張ることもある。
「人」に助けてもらうんだから、クライエントや部外者の側も心理職の人への上手な頼り方を考えていかなければならないんだ。
当たり前のことだけど、私にはちょっとした発見だった。

1 件中 1 件~ 1 件を表示