サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/07/28 21:13

投稿元:ブクログ

今のオレには、
「機会(チャンス)を逃すな」が最も沁みる。

何もせずに、この機会(チャンス)を失ってしまうのは、
人の罪というしかありません。

2015/05/22 08:25

投稿元:ブクログ

吉田松陰の言葉。

「時折、作者の解説がじゃまをする」のだけが残念。

後述。
この数年、NHK大河をずっと見てますが、世の中の評判はあまり良くないけれど、個人的には結構気に入っている「花燃ゆ」です。
そんな事で、吉田松陰の事が気になってた所に、たまたま入ったブックマーケットでこの本を見つけ読んでみたら、もっと吉田松陰の事を知りたくなって、このあと何冊も「松陰本」を読んでしまうきかっけとなりました。

さらに後述。
結局、この本がきっかけで松陰本を何冊も読むことになり、さらにその結果、色々な本を読んでいくきっかけとなった本。

そういう意味で、5つ★とします。

2015/05/01 04:22

投稿元:ブクログ

このような大きな人になりたい。
そう感じさせてくれる名言であった。

著者の海外批判が目にとまる所もあるが、言いたいことも垣間見れてよかった。

一番印象に残った文は
「彼の道を改めて我が道に従わせ難きは、猶ほ吾の万々彼の道に従ふべからざる如し」

教育者とは何かを考えさせられる文だと思う。
自分の考えは正しいと過信してもいけない。しかし正しいと思うことも言わなければならない。それを本当に伝えたいのならば、一つの言い方ではなく、たくさんの言い方からその人のもつ考えにアプローチすることであると感じた。

3 件中 1 件~ 3 件を表示