サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

周辺取材に徹底

2014/12/08 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライカ犬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「竹鶴政孝」氏という人物に以前から大変強い興味を持っていたので、「マッサン」ブームに乗って、手に取ってみました。晩年、和食日本酒になられたとか、いくつかのエピソードを除いては、大概知っていたことでした(比較的早い時期にまとめられたものだから当たり前か)。
むしろ、どういういきさつで竹鶴政孝に興味を持って取材したかを率直に語ってくれたほうが、別の意味で面白い読み物になっただろうと思います。
丁寧に取材なさっていますが、ニッカの内部に取材が偏ってしまっている観があります。だから、どうしても「創業者の偉人伝」になってしまって、竹鶴政孝という人間がもうひとつ見えてこない。
なぜウイスキーだったのか。研修したイングランドの蒸留所のポットと竹鶴のポットはどう同じで、どう違ったのか。ウイスキーの特徴は。そういったことに、もう少し詳細な踏み込みが欲しかったように思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/05 07:54

投稿元:ブクログ

NHK朝ドラ”マッサン”のマッサンとエリーのモデル、竹鶴政孝とその妻リタ、そしてニッカウイスキーの物語。
ニッカウイスキー好きでいまでも飲んでるし、余市の工場見学もいったことあります。
でも、マッサンとエリーのことは、そして国産ウイスキーができるまでの話はあまりよく知らなかったので、マッサン 楽しく観ています。
実際にあった物語なので、アウトラインを知りたかった。ドラマはドラマで、活き活きと彼らのことを描いているので、この先にどんなことが起きるかを知っていても、ドラマを楽しむ障害にはならないと思います。
知らなかった、マッサンが鴨井の大将から独立して興した会社が「大日本果汁株式会社」それが「ニッカ」由来だとは。
そして、エリーがなくなったのは1960年(マッサンは、その18年後)。この大胆な物語が、そんなに近い物語だったということに、改めて驚きました。
本書の中にでてくるのも、頑固で猪突猛進のマッサン。ドラマはちょうど失業中でも再就職できない(しない)街道驀進中。
ああ、余市行きたい。

2015/02/12 18:05

投稿元:ブクログ

NHK連続テレビ小説「マッサン」のモデルのお話。
2004年にPHP研究所から発行された本書が、「マッサン」の放映に合わせ朝日新聞出版から2014年に再刊されたもの。
ピュアモルトやフロム・ザ・バレルでウィスキーに目覚めた自分としては、懐かしい名前を目にして当時が甦ってくる。道産子の自分としてはいつもニッカを応援していた。
そんな竹鶴政孝さんの後継者である威さんも昨年(2014年)12月17日に90歳で永眠されたという。
「カフェグレーン、カフェモルト2本セット」の到着を待ってニッカの創業者たちを偲ぼうと思う。

3 件中 1 件~ 3 件を表示