サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍

中国に対抗するのはベトナム

2015/10/24 21:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:okadata - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャッチーな題名だが少し内容にはそぐわない。原題はAsia's Cauldron: The South China Sea and the End of a Stable Pacific、中国の南シナ海での覇権だけに焦点を当ててるのではなく、周辺国がどのように出来上がりどう対応しようとしているかを見ている。因みに尖閣諸島と東シナ海は全く触れられていない。

世界の商船の輸送量の半分以上、世界中の艦船の交通の1/3がこの海域を通過する、石油だけでもマラッカ海峡を通って東アジアに運ばれる量はスエズ運河の3倍、パナマ運河の15倍にもなる。中国の原油の80%、韓国のエネルギーの75%、日本と台湾の60%は南シナ海を通過している。岩礁の占拠はすでにほぼ終わっており、中国は施設の恒久化を進めている。アメリカがカリブ海を内海化し、パナマ運河をコントロールしたように中国は南シナ海を内海化しようとしている。たとえ海底資源がなくても南シナ海を影響下に置ければ自国のシーレーンを護り、他国のシーレーンを潜在的に圧迫できる。

中国の国防費は毎年10%以上増え続けこの29年間で8倍の1000億ドル規模になった。軍拡を進めているのは中国だけでなく、例えばシンガポールは世界10位以内に入る武器輸入国になっている。特に潜水艦の購入は激しくアジアの国々は2030年までに111隻の潜水艦を購入する予定だ。ジェラルド・フォード級の空母は1隻艦載機抜きで120億ドル、中国は将来9隻まで保有する計画というが中国政府の歳出規模は地方政府と合わせて17兆元(約2.7兆ドル)と国防費はGDP比ではそれほど高くないとは言え高いオモチャになるだろう。

この中国に対抗するのがベトナム、「マレーシアはおとなしくしているし、ブルネイは中国との問題を解決している。インドネシアはこの問題に関して明確な対外政策を持っておらず、フィリピンは独創的かつ騒がしい扇動的な声明を発表する以外にあまり手段を持っていないし、シンガポールは力があるのにそもそも国の規模で負けている。」つまり南シナ海の問題がどう転ぶかはベトナム次第なのだ。後半ではこのうちインドネシアとブルネイを除く国に重点を置いて解説しているが、ほぼこの一文に集約されている。

残る問題は台湾、本土とは160km離れており、中国軍が台湾を占拠することはそう容易ではない。中国と台湾の間では領土に関する主張に違いはなく、後は北京政府が本気で台湾を従わせようとするかだ。今のところアメリカが関与する限りは軍事侵攻はおそらくないのだが南シナ海での海軍力で中国がアメリカを上回るようになると北京から台湾に対する関与が強まる可能性は高い。アメリカのプレゼンスが落ちたところで軍事力を見せびらかし、台湾内の親中派を後押しして北京の言うことを聞かせると言ったところだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/28 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/16 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/03 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示