サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

マネー喰い 金融記者極秘ファイル(文春文庫)

マネー喰い 金融記者極秘ファイル みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2017/02/15 00:25

投稿元:ブクログ

うん、なんか記者のことがよく分かる本。

思わず、そんなにスクープって重要だろうか?とか考えちゃう。けど、まぁ、ゆっくり読む雑誌ではなく新聞ということになると、そうもなっちゃうんだろうなあ。とも思うけど。
とりあえず、ここまでの切ったはったは私には向いていないということだけは確実(笑)。
彼らはほんと偉いねー。度々出てくる時間描写、容赦なく深夜だし。

とりあえず、記者は、「情報を集める・取る人」というイメージが強いけど、それよりも、なんていうか、あるときには情報を与える人にもなり、得る人にもなって、なんていうか人をつなぐ職でもあるんだなって感じました。
ある意味リサーチャーでもあり、確かに何かを提言できる機会なんていうのもある(記事の中だけでなく、為政者に直接的な形で。)んだろうなと思いました!

2015/05/19 12:41

投稿元:ブクログ

【作品紹介】
大型新人現る。面白さ120%保証の経済エンターテインメント!
ネタ元との約束を守って「特落ち」に追い込まれたベテラン記者・山沢勇次郎。メガバンクの損失隠しをめぐる、怒濤の闘いが始まった!

【感想】
久々の5つ星。
ジャーナリズムが強大な権力に一度は潰され、あきらめずに立ち向かい、最後に不正を暴く、最も好きなストーリーの一つ。
すっきり読めました。

2015/05/14 22:55

投稿元:ブクログ

どこかで聞いたことがある題材で、新聞記者の世界を描いた作品。

権力と欲で見えなくなった真実
特ダネを記事にする新聞社の損得
記者の葛藤

良く出来たストーリーだと思うが、俺には真っ当過ぎた。

最後の…が…だったら笑えたのだけれど!

2014/11/06 21:34

投稿元:ブクログ

初の小説とのこと。まだフィクションを描くということに対する慣れのなさは感じられるが、これから続けていきポスト池井戸潤を狙って欲しい。内容としては金融庁・大手銀行・外資系金融・政党とこれらに翻弄され「抜かれ」「特オチ」を恐れる新聞記者が題材。個人的には最近の記者クラブ制度とそれによる横並びに近い報道姿勢から考えて、ここまで特ダネにこだわり特オチを恐れる記者も珍しくなっているのではないか、と感じるし、また金融庁は金融庁で検査局がそんなに「正義」めいた志に溢れているとは思えないし、大手銀行も大手銀行で傷口がここまで広がる前に手は打つだろうし、政党は政党でこんな胡散臭いのが政権与党になれるとは思えないし(なんとなくどことは言わない政党をモデルにしてるのはよくわかるけど)で、小説としての仮想感はあるが、しかしメディアの裏を描くリアリティは確かにある。今後に期待。

2014/10/17 15:18

投稿元:ブクログ

【大型新人現る。面白さ120%保証の経済エンターテインメント!】ネタ元との約束を守って「特落ち」に追い込まれたベテラン記者・山沢勇次郎。メガバンクの損失隠しをめぐる、怒濤の闘いが始まった!

5 件中 1 件~ 5 件を表示