サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

さすがHONZの2012年度第1位のノンフィクション

2015/02/02 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界中の予選を勝ち抜いた高校生の研究が出品されるインテル国際学生科学フェア。高校生の自由研究の発表大会と思いきや、とてもそんなレベルの大会ではありません。インテルをはじめとする企業が協賛する賞金総額は400万ドル以上、本大会の参加者は1500人超で、その5人に一人は特許を自ら取得し、ベンチャー企業を立ち上げています。その研究内容の例は、プラズマを発生させて核融合炉を開発した子(連続的にエネルギーが取り出せたわけではないですが)、自らがハンセン病を発症し、その病気について調査して自らが患者であることを公表してハンセン病への偏見を無くすことに取り組む子、カーボンナノチューブやフラーレンの製法を開発した子、自閉症の子が文字や言葉を習得するプログラムを開発した子など、驚くべき水準です。
このインテル国際学生科学フェアに出場した子供たちはどのような生い立ちで科学に興味を持つようになったのか、11人の子供たちの物語です。
成毛眞氏主宰のHONZに2012年度ノンフィクションNo.1に選ばれたのも納得の1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/18 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/26 05:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/08 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/08 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/04 06:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/01 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/13 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/18 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/21 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/07 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/15 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/17 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示