サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

2016/12/04 21:54

投稿元:ブクログ

とてもていねいで読みやすい西村さんの本をもう1冊読んでみました。今回は「かかわり方のまなび方」。日々コミュニケーションをする中で誰かと関わっているその関わり方について、よく考えていて参考になる箇所は多かったです。印象に残ったのは最後の土壌シードバンクの話。どんな土でも環境が整えば芽を出す。それと同じことは人間でも起こりうるかもしれないのだから、もっと自分の誰かへの関わり方も工夫できる余地はあるんじゃなかろうか。主にグループの中でのあり方が問われていますが、そこを伸ばしていけるならできることはもっと広がっていくんだろうなと思いました。オススメの一冊。

2015/01/02 21:52

投稿元:ブクログ

対人関与の技法や姿勢をめぐる探訪報告書、とのこと。

本屋さんでふと手に取り、西原由記子さんのインタビューから始まることに興味を持ち、思わず購入。

人とかかわることについて、丁寧に、丁寧に、考察されています。
ファシリテーション、ワークショップ、カウンセリング、エンカウンター、教育、というキーワードに関心のある方であれば、きっとどこかで目にされたことのある方のお名前が、次から次へと挙がってきます。個人的にはロジャースや、べてるの家のことも出てきてびっくりしました。

私自身、ビジネス系(とあえて表現しちゃいますが、かなり繊細な)ファシリテーションとメンタルヘルス系のファシリテーショを、ほぼ同じ時期から別々の場所で学び始め、両者の重なりと違うところを延々とひとり頭の中で比較検討してきたのですが、その「落とし所」と本書の中で出会えたような気がします。

「技法」と「あり方(姿勢)」の関係についての考察の部分も大変興味深く、このタイミングで読めたのはよかったです。

「自分はなぜこの場にいるのか」を常に意識して胸に持ち、目の前にいるひとりひとりを尊重し、誠実に向き合っていくことが大切なのだと改めて思いました。

2015/01/11 19:03

投稿元:ブクログ

ワークショップとかファシリテーションって、今でこそ何となくみんなが知ってるから言葉として使ってるし、自分でもやってみたりしている、でも、これってほんとにできてるのかな?やりかたあってるのかな?そもそもこういうもんなの?みたいに思っていました。
西村さんはそのあたりをしっかり考えたかったんだなと思いました。
「べてるの家」向谷地さんの解説も、よかった。常に「自分」であること、そうしてしっかりちゃんと自分である状態で他の人と関わる事が大事なんだなと思わされた。

2015/02/04 06:07

投稿元:ブクログ

溢れ出すシーンにもっと出会えると豊かな人生になりそうだう。よく見ること、きちんと関わることがまだまだ甘いなと感じる。

2015/03/22 15:06

投稿元:ブクログ

”ワークショップとは本人が自分の「何か」に取り組む場所であり、指示されたものをその通りにつくることが託されるファクトリーとは違うはずだ。”(p.210)

自分についてはもちろん、気をつけたいのは他人に対してここを誤らないようにしなくてはならない。

2014/12/20 17:06

投稿元:ブクログ

「働き方研究家」西村氏のはたらき方研究報告書第3弾。魅力的なワークショップやファシリテーションの世界で輝く15人との対話を通して、「あり方」「かかわり方」の考察と見解を提示する。良くありたいと思いながら悶々としている人に差し出したい1冊。

2015/01/06 12:33

投稿元:ブクログ

今回の内容はまだ自分には理解できない段階の話であると感じてしまった。リーダーシップとは違う周りの人の関係性を築くファシリテーターという役割には深い関心を持った。
MTなど大勢の意見を聞くときにはみんなの意見をそのまま活かせるようなたちまわりをしていきたいと思う。
しかし読むのが苦痛で途中でやめてしまった。まだ自分には身近なこととして受け止めきれないんだろう。

2016/04/23 21:33

投稿元:ブクログ

人とかかわる『姿勢』について、様々な人の言葉を通して、様々な角度から書かれています。

最後に、パーソンセンタードアプローチの話があるのですが、「共感」「無条件の肯定的尊重」「自己一致」という3つの要素は、この本の内容を端的に表していると思います。

この3要素は、人と関わる上で普遍的に重要だと確信しています。

”「人はある条件が揃いさえすれば、自分が進む道筋を自分自身で見つけ出していく能力をもっている」ことを確信していった。目の前で話に耳を傾ける人に「共感」「無条件の肯定的尊重」「自己一致」の三条件があれば。”(312Pより)

2014/11/20 16:09

投稿元:ブクログ

一緒に働く人の仕事に興味を持つことは、いかに自分が主体性を持って仕事をしているかによるのではないか。
個々がメンバーとなり、グループになり、さらに困難や葛藤を共有していくと、有機的なつながりを持つ「仲間」になってゆく(文中より)。そんな仕事をしたいと切に思わせる本。

2015/01/15 19:13

投稿元:ブクログ

在ること、を見つめ直す。小手先のスキルではなく、単なる模倣でもない。とにかく謙虚であろう。直面した事実をもとに語ろう。

10 件中 1 件~ 10 件を表示