サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

明治緋色綺譚 13 (BE LOVE)(BE LOVE KC(ビーラブKC))

明治緋色綺譚 13 (BE LOVE) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

電子書籍

最終巻

2016/08/18 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもお調子者の河内。いざという時は優しく頼りになります。やっと真向勝負?に出た春時。自分の気持ちに正直になれてよかったです。津軽と鈴ちゃんの恋の行方はまだ先のようだけどひとまず完結。いい最終回でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

年の差

2016/04/21 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

津軽大好きです。鈴ちゃんも可愛くて大好きです。お兄さんの思いが切ないです。河内と妹達でいい感じに笑いがとれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最終巻

2015/09/30 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

津軽も大切だけど、春時兄様も大切だよね~
春時は立場的に辛い役回りでしたね
明治メランコリアでは少しでも
報われるといいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/17 16:29

投稿元:ブクログ

読了。
時代の流れと少女の成長がいい感じに混ざり合って楽しめる作品。
いい意味で「正統派」な少女漫画でした。

2014/12/30 18:26

投稿元:ブクログ

おかえりなさい、津軽さん。
1巻の様相からは想像できないくらい本気ラブの物語になりましたね。

そして思った。
河内さん、なんていい人。
だけどいい人で終わりそうなキャラクター(笑)

思った以上にはまりました。
最後まで楽しく読めました♪

2014/10/25 22:44

投稿元:ブクログ

最終巻です。
刺された津軽に取り乱す鈴。河内がここにきて、ものすごくいい役を当てられてます。

津軽の夢の中に現れる鈴は、今よりちょっとだけ大きくなってるけど、顔は出てこない。じれったい。。。
最後まで大きくなった鈴は出てこなかったけど、次に大きくなった鈴の話になるとあって、納得。
ものすごく楽しみにしてます。

2015/02/04 01:19

投稿元:ブクログ

やっと読めた…!達成感があります。
年齢差・身長差にときめくなぁとニヤニヤしながら読み始めたこの作品でしたが、結局ラブエンドではなかったからこその読者に妄想させる終わり方!素敵でした。ありがとうございます。

2015/05/30 22:45

投稿元:ブクログ

兄さまも少しは幸せになれましたか?そんな最終巻でした。さらなる幸せのために、兄さまはおかんに弟子入りしといた方がよいのでは?続編もお借りしてるのですが、兄さまの幸せの余韻に浸っておきます。

2014/10/12 10:38

投稿元:ブクログ

もうゆうことなしの満足いく完結だったです。
生死をさまよった津軽が目覚めたきっかけと、初めて発した言葉はこれからの津軽にとってはとても大切な心の核心部分だったのではないのでしょうか。
津軽と鈴はこれから新章で新たなお話が読めるのでそれを楽しみに、やっぱり緋色では、春時の存在がとても大切なお話でした。
春時目線で描かれた番外編は、生きていることにも執着せず、自分の存在さえも否定的で彼の行く先がとても心配だったのですが、彼にとっての一筋の光である鈴によって、ささやかな幸せを少しでも感じられる、自分の存在を認めてくれる空間を得られたことにもうよかった。本当によかったという思いで涙してしまいました。
面白かったです。
新章・メランコリアも楽しみにしています。

2014/10/20 08:37

投稿元:ブクログ

全13巻、いろいろと関係がドロドロになりながらもめでたくハッピーエンドになって本当に良かった。
どうやら春一兄様の人気が高いようですが、私は最初から津軽派でしたので大満足のラストでした。
しかもこれから津軽との恋愛編が始まるということで楽しみで仕方ない…!!
もちろん、春一兄様も大好きですし、彼が鈴の傍に残ってちゃんと生きる選択をしてくれたことが本当に嬉しいです。最後の花見の時にもらした初めての笑み、これからはもっと見せてくれることを願うのみです。
ただ、春一兄様には、鈴とは恋愛よりも兄として過ごして欲しいなぁ…やっぱり。

あと、なんだかんだ言って河内が一番イケメンな気がする(笑)

2016/10/03 11:43

投稿元:ブクログ

これは春時兄さんのお話。
津軽と鈴のLOVEではなない。
ましてやLOVEだとロリコンになってしまう。
津軽のお母さんが一番いい。大事な存在。素敵。
なかなかブラックな話でした。
続編かぁ。
きっとまた色々辛いこととかあって素直に進まないんだろうなぁ。しばらく手をつけるのはやめておこう。

11 件中 1 件~ 11 件を表示