サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

電子書籍

空襲警報の音が聞こえてきそうな画面

2015/07/22 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争末期の名古屋を描いたマンガの第2巻は、昭和19年末から始まります。
米国の偵察機(?)が名古屋上空を飛ぶのを見た主人公が、その大きさなどから比して自分たちの行っている勤労動員や訓練のまずしさ、はかなさを感じてしまう話が印象的です。
そして、昭和19年12月7日の東南海地震です。
マグニチュード7.9と言われ、1000人以上の死者を出したと言われる大地震に遭遇した主人公一家の驚きと、切なさが描かれています。
私の両親や親族もこの地震を経験しているはずですが、なぜかあまり話を聞いた覚えがありません。戦時中でそれどころでなかったということなのでしょうか。たまたま私の親族はあまり被害に遭わずに済んだだけだったのでしょうか。このマンガで読むと、決して見過ごすことのできない地震だったと思うのですが、人の体験や記憶は本当に様々なようです。
第10話「音」の始めに描かれている名古屋市三菱発動機大幸工場というのは、私が幼い頃に住んでいた場所の近くだと思われます。そこに描かれている工場の姿は、私には某大学の建物として記憶にある姿とよく似ています。軍需工場が、戦後は大学の教室になっていたのかもしれません。それもまた、限られた人たちの記憶の中にだけあるものなのかもしれません。
話自体はそんな建物のことでなく、空襲警報が発令された時の状況を描いています。マンガから音は出てきませんが、これまでにテレビなどで何度も聞かされた空襲警報のサイレンや飛行機の音などが、このマンガの画面から出てきそうです。
後半には報道管制が敷かれていた状況で、何とか空襲の実態を知ろうとした主人公がなけなしの金で新聞を買って読んでも、知りたいことが知らされない歯がゆさや、そうした行動を非難する大人達の姿も描かれており、たかだか70年前のことでありながら、遠い昔のことのように感じてしまう一方、なんだか時代の雰囲気が今はまたそれに近づいているような気にもなってしまいます。
この作者にとり、また私にとってもある種身近な話として描かれ、読んでいるわけですが、ここに描かれている日本や日本人の姿は、名古屋だけでない、どこにでもあったのかもしれない姿であったように思えます。だからこそ、こうしたマンガが描かれるのだとも思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/27 19:06

投稿元:ブクログ

1巻ではまだ戦争はあまり身近ではなかったのだけど、とうとうやってきた空襲。
そして貧富の差での友達との軋轢。
でも裕福な子もまたその境遇ならではの苦しみも抱えてて切なかった。

2015/11/02 23:46

投稿元:ブクログ

戦時中における名古屋の庶民を描いた作品の第2巻。ついに空襲が始まった。名古屋の空襲は、東南海地震の直後に三菱系の軍需工場を狙ったのが発端だったのね…。三菱航空機に学徒動員されていた主人公の旧友(?)は空襲で亡くなってもぅた。こうゆうのを読んどると、今の平和に感謝せにゃかんと思うし、モノをたゃーせつにする気持ちも忘れちゃーかんのだがね。

2014/10/12 17:46

投稿元:ブクログ

今ではごく当たり前の幸せが許されない時代とは……
文章で読んでもなかなか想像しずらい時代感を、このマンガはすぐ隣の身近な出来事のように感じさせられる

2016/05/16 10:42

投稿元:ブクログ

帯文(裏表紙):偵察機を目撃したあいは、空腹も重なり、些細なことで班長や仲間を憎もうとしてしまった。戦争の足音が少女の純粋な心までも蝕もうとする中、昭和19年12月7日、名古屋を最初に襲ったのは敵国ではなく、大地震だった。さらに追い打ちを掛けるように、12月13日、三菱発動機に爆撃が。そこは・・・

目次:第7話「歩くピアノ」,第8話「欠けゆく街で」,第9話「妹からの手紙」,第10話「音」,第11話「空襲の心得」,第12話「後ろ」,第13話「ともだち」,第14話「顔」

2015/07/30 09:48

投稿元:ブクログ

1巻を酷評した。
あとがき漫画で、家族の戦争体験をネタにした受賞を誇っているのが小者っぽい。絵がきたない。女子供ばかりが被害者という視点がうっとおしい。

2巻でその思いはみごとに覆された。
本格的に名古屋に空襲がはじまる。空襲からはじまったのではない。東海大地震という、関東大震災に匹敵するほどの規模だったのに、報道規制が敷かれた。しかも、その情報は米国に筒抜けで、地震があったからわざと急所をついてきた。ぞっとした。もし、自然災害が日本に起こって、原発が空爆されたら? 現代に置き換えても十分に成立しうる事態である。

わがままで幼く見えたヒロインも強くならざるをえない。情けないと思っていた父は、家族をかえりみず救助活動をしていた。疎開先の妹の安否を憶って、主人公一家の結束は固まる。母を非国民扱いしていたおばさんにまで、情をかけられるようになったヒロイン。

やがて、空襲はヒロインをけなした女学校の動員された兵器工場を襲う。この嫌味な友だちはおそらく犠牲になるのだと思わせる。しかし、その最期というか、それを知らされた少女たちの衝撃の描き方が凄まじい。露骨にグロテスクに描かなかった分だけ真実味がある。

のほほんとした四コマ絵だと思ってタカをくくっていたら、いやはや、とんでもない怪物だった。お見それしやした、という感じ。

戦争は人を醜くさせていく。
つねに空腹を抱えて苛立つ大人たち。その苛立ちの牙を向けられる子どもたち。戦争でなくとも、現在の貧困家庭と変わらない。

この2巻だけ再読した。

2014/10/16 22:15

投稿元:ブクログ

東南海地震。
正直初めて聞きました。

関東大震災に匹敵する規模。
それなのに報道規制。
戦争の時代ってなんなんだろう

それを機に戦場になる名古屋。

なんかもうただただ鳥肌。

しんどいなあーーー

2016/04/06 10:38

投稿元:ブクログ

うーむ重たい、みじかな人が死んでいく恐怖、次は私かもという恐怖を感じながらこの時代の人々は生きていたのだから凄いよなと感じます。

8 件中 1 件~ 8 件を表示