サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

ぴんとこな 13 (Cheese!フラワーコミックス)(フラワーコミックス)

ぴんとこな 13 (Cheese!フラワーコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

電子書籍

全巻通して

2016/02/29 02:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uri - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌舞伎初心者なので、これをきっかけで歌舞伎に興味を持つことができました。絵もきれいで素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ただのBL

2014/11/07 15:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ayu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ最近の数巻にわたって、ヒロインが殆ど出番がない。
それに違和感も感じない。
もうBL漫画なんじゃないかと思ってしまいます。
でも面白くないわけじゃないのが不思議!

正統派少女マンガとは違いますが、とても面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2015/12/31 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぴんとこなは歌舞伎の世界を繊細なタッチで丹念に描きながらも、コミック的な友情ものであったり、劇的な要素があって楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2015/08/29 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭で「あ、いい方向に!?片付いたの!?戻ってくるとか先生の考えてる展開すご~い!」と一瞬喜んだ自分よ…。ボンの方もパパとの話で(良いパパっぷりがフラグすぎて刺さる)涙が出て今後を心配してページめくったら、ぷりケツどーん!!先生のサービスに笑いました。お色気担当。本妻以外にとか自分のコじゃなくても他、諸々のお家騒動はTHE歌舞伎界って感じです。予告…気になる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/26 19:29

投稿元:ブクログ

最新刊。
ぶっちゃけキョウちゃんよりヒロ君のほうが好みのタイプなのであ~、もうって感じの展開です。
ものすごい昼ドラですが正直歌舞伎してないとつまらないなあ。もうそのあたりのしがらみは全部おいておいて!歌舞伎しようぜ!みたいな展開にならないだろうか。(ならないだろうけど)

2015/02/04 22:18

投稿元:ブクログ

ああ、一弥がどんどんダークサイドに、、、誰が彼を救ってくれるのでしょう。心配になってきます。
一方で恭之助ににも大きな試練が。こちらは天性の明るさとあやめちゃんがいるから、大丈夫そうな感じもしますが、早く舞台で輝く恭之助が観たい!
ぴんとこな、大好きだー。

2014/10/31 17:06

投稿元:ブクログ

一弥関係がドロドロ過ぎて引く勢い。そして歌舞伎の演目には今回も触れず。物語と演目が上手に絡めて描かれていたのが一番の楽しみだったのに、大いに不満が残ります。今後その辺なんとかならないものか。。。

2014/11/19 18:19

投稿元:ブクログ

いよいよ歌舞伎が全然出てこないラブストーリー

前巻12巻であっと驚くどんでん返しがありまして
わくわくの13巻。
帯が激しい激しい。

浮気相手の子供を妊娠した女とだって結婚してやる。
ぴんとこなを演じるためなら・・・!!

と一弥の横顔と一緒に映っています。

なんかこう書かれると、『紅天女』みたいに、『ぴんとこな』という
歌舞伎の演目があるみたいじゃないですか?
実際のぴんとこなとは、歌舞伎の用語で「男らしく芯のある、二枚目」
だそうなので、お間違えなきよう。

猛の父の回想で、前回の謎の詳細を解きほぐし、
更に木嶋屋の3代の歴史を知ることに。

そんな中、猛とあやめ、一弥と優奈と田辺という2組に展開が。
でやっぱり最後は山本さん!!!

前巻で心配していたように、やっぱりこの人が騒ぎを大きくするキーか。

歌舞伎役者としてどうなるのか、というより恋愛モードが
強い巻でありますが、次巻は人間模様、その権力図も含めて
変化がありそうで、楽しみであります。

ぴんとこな14巻の発売は2015年春、とのこと。
2015年2月くらいかな。

2014/12/18 12:55

投稿元:ブクログ

恭之助父の親バカエピソードにニヤニヤするところもあるけど、前巻にひき続きドス黒一弥のドロドロしたお話。
ここまで跡取りにこだわるのは、実力があっても血筋と一般人には絶望的な格差があるってことかな⁇
隠蔽とか妨害とか、やり方が汚く見えても全ては歌舞伎を愛するがゆえ。恭之助と対等に競演するため。
この漫画って真実のヒロインは恭之助ですよね。

2014/10/24 21:32

投稿元:ブクログ

うわー・・・嫌な展開
一弥に破滅しかみえてこない
恭之助が公私ともに絶好調な感じの裏で一弥にまさかの事態。
恭之助さんは、一弥のために動いてくれるのかなぁ。
そうそう、恭之助さんは、あやめととうとう・・・おめでとう!!
もう本当にラブラブなのに、あー・・・いちやーーーー。
どうなる一弥。
次巻カモンです。

10 件中 1 件~ 10 件を表示