サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/12/21 10:20

投稿元:ブクログ

読み終わるのに5日もかかってしまった。
雑然と集められたスクラップ記事を読んでいるような感じ。
下巻でこのモザイクが消えるのだろうか?

2015/03/19 16:53

投稿元:ブクログ

デンマークの孤児院で、同じ時期居た7人の赤ちゃんの出生の謎を追う話。同時に国務省大臣の秘密があきらかになっていく。。。北欧ミステリー賞のガラスの鍵賞受賞とのことだが、最初から最後まではまることなく読了。予想外におもしろくなくがっかりした。

2015/03/18 00:00

投稿元:ブクログ

罪科憂いを過ぎ去り給う
ある児童養護施設。
名を「コングスロン」という。
そこを中心に結びつく三つの事件。
一人の捨て子。
散乱した遺留品の中で見つかった女性。
国務省に届いた一通の匿名の手紙。
三つが結びついた時、「その子」は知る。
誰が、「私」なのかを。

北欧デンマークは日本からは遠く、近隣諸国に比べれば身近な国とは言い難い。
今でこそ北欧流行りだが。
本書はアンデルセンの物語を下敷きにしている。
萩尾望都の描いた『パンを踏んだ少女』は怖く悲しく、好きな物語ではなかった。
しかし本書を読むのなら是非この『パンを踏んだ少女』の一読をお勧めする。

分冊になっていて長い物語だ。
読むのに少々時間がかかった。
長さは読書家と自負している私にとっては大した問題ではないが、なにぶん馴染みのない地域の物語、特に名前に苦労した。
名前がとても重要なキーワードになってくるのだが、男だか女だか、誰が誰なのか途中でわからなくなってしまう。
それに加えて幻想的な部分(何が現実だかわからない)、過去と現在が行き来する構成。
下巻は慣れに加え、物語の謎解きが始まっていくので比較的読みやすく感じたが、上巻でギブアップしてしまう読者も中にはいるに違いない。

望まれて生まれる子ばかりではない。
そんな子供たちにもどうか幸せが訪れますように。
死んで孤独や悲しみから解放されるのではなく。

3 件中 1 件~ 3 件を表示