サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/02/01 21:57

投稿元:ブクログ

 デンマーク作品。北欧最高のミステリ大賞「ガラスの鍵」賞受賞したらしい。
 児童擁護院で育った7人の子ども。中年にさしかかった頃、それぞれ手紙が送られる…。
 わかりやすいミステリーではない。もう途中からミステリーじゃないつもりで読んだ。現時点の合間にはさまれる、過去の出来事が幻想文学のようにさえ思われる。ラストの種明かしとか、全体的に寓話というか、純文学だった。波にふわふわ浮かびながら楽しむ感じ。

2014/12/21 23:21

投稿元:ブクログ

砂浜の身元不明死体のポケットにはデンマークで最も権威ある児童養護施設の写真が…。
施設をめぐり大人たちが隠してきた秘密が、施設出身の7人に人生に関わっていく。

デンマークにはこんなくらい過去があって、そのために苦しんでいる人がまだいますよって話。
如何せん物語が平坦で辛い。
そして文章の構成が好みでなく…。未来の予言をしちゃう文章って好きじゃないのよー。
この話の面白さはデンマーク人じゃなきゃ分らないんじゃないかなー。

2015/03/19 16:53

投稿元:ブクログ

デンマークの孤児院で、同じ時期居た7人の赤ちゃんの出生の謎を追う話。同時に国務省大臣の秘密があきらかになっていく。。。北欧ミステリー賞のガラスの鍵賞受賞とのことだが、最初から最後まではまることなく読了。予想外におもしろくなくがっかりした。

2016/09/04 21:55

投稿元:ブクログ

「血」の呪縛と計り知れない「孤独」の深淵

どれだけ強い想いと覚悟を持って里親になっても、養子であることが明るみに出た途端、それまでの親子関係が容易く崩壊してしまう。血の繋がった親子であれば互いに許し合えることも、血が繋がらなければ受け入れることができない。血の繋がりが全てにおいて優先することも自身のルーツを追求せずにはいられない人間の性もやるせないものばかりだ。2世代に渡る悲劇も含め、良くも悪くも「血に勝るものは無し」ということだろうか。

アスガーの「孤独は欠陥」という言葉もこの作品を象徴している。血の繋がった家族がいないということが埋められない孤独であるならば、施設出身の子供達は一生癒されることのない孤独を抱えて生きていかなければならない。その中でもマリーの孤独は誰よりも深く、怒りと憎しみによって身体よりも心が歪められたのだろう。

平坦なストーリーは、無駄に冗長に感じられるかもしれない。語り手であるマリーの視点はあてにならない程形を変え、こちらは完全に混乱する。加えてマリーの視点と当事者の視点がごちゃっとしていて、誰の心情なのか情景なのか分からなくなってしまう。読んでも読んでもページが進まないのはそのせいではないかと思うくらいだ。
ただ、それを差し引いても面白かった。7人目の子の正体も事件の謎もある程度予想できたが、最後の転び方には騙された。残念なのは、事実とそうでないことの境界線があやふやで、結局どっちなの?的な事象が多く残されたことだ。
最後はいっそマウナの運営記録をそのまま載せて、読者の判断に任せた方がすっきりしただろう。

4 件中 1 件~ 4 件を表示