サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

殺し屋ケラーの帰郷(二見文庫)

殺し屋ケラーの帰郷 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

バブル崩壊により復帰

2016/09/26 22:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

サブプライムローン問題、ちょうど彼の第2のキャリアに上手く絡めたなぁ。 今回、最愛の妻と娘を抱え、彼は家計の大黒柱となるべく頑張ります。
それにしてもケラー寝付良過ぎ。待伏せ中にも眠り込み危機一度ならず。亡くなった母の幻とシビアな会話をしつつも安らかに……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/17 18:06

投稿元:ブクログ

 前作『殺し屋 最後の仕事』を読んだ途端に、ああ、これほどブラックでスラップスティックな殺し屋という特異な職業のシリーズを、ここまで上手に綺麗に纏めて完結させてゆくストーリー・テリングが世の中にはきちんと存在するんだ、さすがブロックは巧いな、と感心しきりであった。おそらく前作を脱稿したときのブロックは「書き切った」印象は少なからず持ったのではないだろうか。

 でもブロックは凡百の作家では決してない。本作では、あそこまで綺麗に物語を収めておきながら、さらに「もっと書ける」匠の技を見せてくれるのである。前作のぎりぎり感、ノンストップ感などはもちろん求められないにせよ、シリーズを支えてきた坦々とした描写、オフビートで変幻自在なフラッシュバックによる不思議な魅力はさらに保ちながら、殺し屋が前作で辿り着いた新しい境遇からの再出発とでも言うような、あるいは大病の後の療養的意味合いを持たせた、曖昧で、メローな時間をシリーズに与えてくれているのだ。

 家庭ができて娘が生まれ、切手収集という趣味の他、不動産やリフォームなどの実業家という展開まで見せ始めたシリーズを殺し屋に復帰させたものは、サブプライムローンによる景気の低迷により仕事の相棒ドニーとの共有仕事がなくなってしまってきた現状であった。さすが、時代変化にリアルに着いてゆくシリーズであり、作家ブロックなのである。

 しかし、いくら景気が悪いとは言え、殺しの職業を名前と住む場所を変え、さらに継続することには少し無理があるのではないだろうか。その通り。家族との折り合いは? 連作短編の形を取りつつ、本書は、時系列で殺し屋の新天地での第一歩を語ってくれる。それとともにシリーズ初期の時点ではあまり感情を見せなかった殺し屋ケラーが、受けた仕事の意味について、以前よりもずっと迷いつつ、自分で行動を微妙に選択しつつ受け入れてゆくことである。中には受けない仕事もあり、途中で投げ出しても構わない局面に行き当たりもするが、そこでの選択の妙こそが、読みどころであり、ブロックの書きどころなのだ、と思わせる。ブロックという作家は、こうしたところで小説としての旨味を確かに感じさせてくれるのだ。

 連作を通して殺し屋から徐々に重心を家庭にそして一般人としての自分に切り替えようとしているケラーが見えてくる。これまでも殺し屋であるケラーと一般人であるケラーとの二重性がおかしく書き込まれてきた本シリーズであるが、彼のひとつの得意技である殺しという仕事をやめてゆこうとするケラーの言動によって本書は完結する。

 これで本当に完結するとは思うのだが、さて……。

2015/06/14 21:00

投稿元:ブクログ

 引退したケーラーが戻ってきました。
 つか、ドットが戻ってきたよぉ。

 いやあ前作で、ドットのいないこのシリーズなんて、くさっていましたが、わかってますね、何が大事かww

 ついでに、ケーラーは最強パートナーを得ているわけで…。
 でも、これでいいの?
 と、思わないでもない。
 妻はまぁいいとしても、娘がいるからな。
 
 ともあれ、平凡に生きていこうとしていたのに、さくっともどってくるケーラーの軽さが素敵。
 と、切手にまつわる狂騒が面白い。
 
 なんにせよ、マニアっていうのは、こわい存在なんですね。

 リシーズが続くのは歓迎なんだけど、娘の存在が、諸手を上げて迎え入れるってことにしてないところがブロックの職人故なのだろうなと、思う。

2014/12/08 14:05

投稿元:ブクログ

ちょっと設定に無理も出てきたけど、もともと、そんなにキッチリした話のタイプではないし、アンソロジーではなくて書いてくれるならなんでもok!大好きな巨匠です。願わくは、ニューヨークを舞台に、

2016/04/21 17:25

投稿元:ブクログ

ケラーが孤独ではなくなった。それが一番の衝撃だった。今まで自らをさらけ出したくてもできないケラーは犬を飼ったり犬のぬいぐるみを買ったりといろいろ悪戦苦闘していたが、自分の仕事を肯定的に理解している妻を得て、それは叶えられることとなった。しかし、どーなのよそれ。あまりに丸くなり、ある意味ケラーの共感できる要素が一つ失われてしまった。それは憧れだった。自分が決して手に入れることのできない、本当の故郷、本当の理解者への憧れが。歳をとったら面白く感じるのかもしれない。

2015/02/06 13:33

投稿元:ブクログ

おれときみだけが分かちあっている何かに、誰か別の人間を引き込んでしまうかもしれなかったからだ。ただ、そんなことはしたくないことだけはわかった。

6 件中 1 件~ 6 件を表示