サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

妖精配給会社 改版(新潮文庫)

妖精配給会社 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.1

評価内訳

21 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

星新一の作り出す妖精たちに驚き悲しみ楽しむショートショート35編

2009/12/27 19:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

印象に残った作品をピックアップ。

『沈滞の時代』
平穏で平和な世界。しかしタイムカプセルから発見された吸血鬼の存在に関する論文が発表されると、「吸血鬼対策本部」が設置され、絶えまない訓練が開始された。
そして吸血鬼対策本部に吸血鬼発見の知らせが届けられた。
進歩した科学の産物と吸血鬼伝説を結びつけた結末が恐ろしくもある。

『ある戦い』
宇宙からの激しい攻撃。祖先の文明を守るために戦う地球。しかし敵は攻撃を巧みにかわし、地球は劣性に立たされていた。
万策尽きたかと思われたとき、「宇宙戦争の必勝の作戦」という文書が入った筒が、爆風によって防衛本部に飛び込んできた。
必勝の作戦を行動に移した者の結末に思わぬ攻撃を食らった。

『ひとつの装置』
国立研究所の博士は、多額の経費と資財を投じてボタンと一本の腕が付いた「なにもしない装置」を作り上げた。
広場に据え付けられた装置は、ボタンを押しても何もしなかった。
装置を除いて、地上から全てが消え去った遠い未来での出来事に頭を垂れる思い。

『遠大な計画』
無料の万能育児器が届けられた。この一台で育児からしつけまでこなす便利な機会は無料だった。
多くの人々が使い、やがて万能育児器で育てられた子供は成人した。
すべてを便利に頼った遠い未来、実際にこんな機械を造る企業が出てきそうだ。

『すばらしい星』
宇宙船は珍しい動植物や遺跡、燃料に仕える高純度の鉱物に溢れた星に降り立った。
地球へと出発しようとしたとき、雲の影から現れた宇宙艇が呼び止めた。
まるで田舎から出てきた何も知らない人が、都会で遭遇した出来事のようでもある。

『求人難』
求人難の小さな工場を経営しているエス氏は、開くたびに紙幣が出てくる財布を拾った。
エス氏は工場の事など忘れ遊び回った。そして紙幣を引っ張り出そうとしたが、いつものように滑らかに出てこなかった。
就職難の現代、いくら求人があったってここはちょっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/27 05:27

投稿元:ブクログ

子供の頃なんども読んだ、星新一のショートショートシリーズ。読みやすく、おもしろい。中毒になりやすい!!

2007/05/23 00:44

投稿元:ブクログ

ほかの星から流れ着いた〈妖精〉は従順で謙虚、ペットとしてたちまち普及した。しかし、今や……サスペンスあふれる表題作など35編。

2008/01/17 22:38

投稿元:ブクログ

宇宙人系、発明家系、おとぎ話系等、話の種類が多い一冊。おすすめは「アフターサービス」「終末の日」。ショートショート35編。

2008/01/02 01:54

投稿元:ブクログ

この本の『ひとつの装置』は、読み終ったとき鳥肌が立った。重い話ではあるけど星新一さんのお話の中では、これがいちばん印象に残っている。

2009/07/07 22:35

投稿元:ブクログ

収録は
・福の神
・暗示
・アフター・サービス
・沈滞の時代
・ある戦い
・おみやげを持って
・指導
・おそるべき事態
・夏の夜
・三角関係
・マッチ
・妖精配給会社
・恋がたき
・作るべきか
・ハナ研究所
・ひとつの装置
・宝船
・銀色のボンベ
・遠大な計画
・逃走
・すばらしい星
・分工場
・ごきげん保険
・責任者
・遺品
・春の寓話
・輸送中
・幸運への作戦
・友だち
・豪華な生活
・宇宙の関所
・求人難
・ボタン星からの贈り物
・天使と勲章
・終末の日

ドライでクールでダークなおとぎ話と言ったところか。
「ひとつの装置」がもの悲しくて好き。

2013/04/15 20:13

投稿元:ブクログ

『妖精配給会社』老社員に特に益もなく終わった。少し物足りなさを感じるし妖精は世界をダメにする存在なのかもいまいち刺激がなかった。淡々とした話で不満もなくかといって満足でもない。不思議な話。

2010/06/23 13:48

投稿元:ブクログ

友人のすすめで読んでみた1冊。

日常の中に、現代における"非日常"を投入する事で、現代を生きる私達の中に潜む問題をピンポイントに照らし出していくショートショートを集めた短編集。
パターン化している部分や所謂"斜に構えた"印象を与える物語も多いので、その手の話が嫌いな人は苦手かも知れない。
だが、重い内容を扱う話も明るい文体で、舞台の設定も簡潔にまとまって、終始軽やかなリズムで描かれていて非常に読みやすく、星さんの凄さが表れている。

軽過ぎるものは読みたくないが、今はさっくり気軽に読みたいという人におすすめ。

本作の中では若干他と異なる雰囲気だが「ハナ研究所」のオチが効いていて、好きな作品だ。
「友だち」もやや異色だが、気に入っている。

2009/02/26 18:00

投稿元:ブクログ

ショートショート35篇  

福の神  暗示  アフター・サービス  沈滞の時代  ある戦い

おみやげを持って  指導  おそるべき事態  夏の夜  三角関係

マッチ  妖精配給会社  恋がたき  作るべきか  ハナ研究所

ひとつの装置  宝船  銀色のボンベ  遠大な計画  逃走

すばらしい星  分工場  ごきげん保険  責任者  遺品

春の寓話  輸送中  幸運への作戦  友だち  豪華な生活

宇宙の関所  求人難  ボタン星からの贈り物  天使と勲章  終末の日

2012/08/29 02:25

投稿元:ブクログ

なにもしない装置は、本当になにもしない方が良かったんですね。
どんなことを考えながら作者はこの作品を書いたのでしょうか。

2013/03/29 20:50

投稿元:ブクログ

短編がごっそり、で読むのが止められない状態に。

最初の福の神、には驚きでした。
想像するイメージと違う…のもありますが、世界樹立。
神様もそんな競争してるのか、と脱力。

表題の配給会社は、想像するとぞっとします。
が、人間隣に居て甘い言葉ばかりかけてくれる存在を
そう手放せるものでもないですし、想像通りならば
きれいさっぱり相手の思考にしたがって終了、かと。

一番怖いのは、ボタン星人、かと。
タダより安いものはない。
授業料にしては、かなり高額を払わされた状態です。
でもまぁ、こんな状況になるとは思いませんし…ね。

2012/05/24 15:07

投稿元:ブクログ

発想の豊かさに脱帽、結末のシュールさに戦慄、素直な文章に安定感。
どの話も広げようと思えばもっともっと広がるはずなんだけど、あえて余韻を残しておく所がニクい。
文章の性質に起因するものだろうが、全体的には淡々としていて、パターンもあるので、何十編も連続で読むよりは、ちょこちょこ読む方が新鮮な感覚で楽しめるような気がした。

2010/03/11 18:14

投稿元:ブクログ

<2010年3月11日根津図書館にてレンタル>

どの話も5ページ程度からなる短編であり、無駄な描写がなく簡潔にまとめてあるため、次から次へと読むことができる。
また作品には社会や人間の性質を風刺しているものもあり、読み終えた後にニヤリとする反面、ドキッとするものも多い。現実には存在しないが、実在してもおかしくないような世界を舞台にしていることもドキッとさせられる一因である。
読者の時代背景を反映しないようにと地名や人名といった固有名詞の使用をさけていることもあって、作品が書かれてから何十年もたった今でも新鮮味を損なわない作品である。




以下、気になった記述、考えたこと。

「恐怖は存在していない場合に一段と高まる。」by沈滞の時代
(「子どもはどんな暗闇にでもお化けを想像する」)
→無知が恐怖を増幅させる一番の要因たりうる。

「良心の程度も一定の線でとどまり、バランスを保つのが健全な精神状態」byおそるべき事態
→正常であるとはどういうことか?世の中を回すためにはある程度の事故や不正は仕方がないのか?


<2010年3月11日読了>

2010/11/06 21:37

投稿元:ブクログ

中学のとき、てっとりばやく読書感想文用に読んだ文庫。表題作「妖精配給会社」が印象にのこり、それについて書いたのをおぼえています。いま読み返してみても、なかなかの味わいがあり、思い出の一冊です。

ただ、人間の反応があまりにも画一的なため、人工的で無味乾燥です。星新一のショート全般にいえるこの独特な無機質さは、薬にもなりますが毒にもなります。新一ならではのアイロニーが侵食されてしまっているとすれば、有害です。

2012/01/20 23:39

投稿元:ブクログ

ここんとこ古本屋の特価コーナーで大量に仕入れてきた星新一を散発的に読んでいるわけですが、本作がもっとも作品が短くまとまっていて歯切れが良くていいですな。

短い分、オチが唐突だったり強引だったりもするわけですが、それでもやっぱり星新一のショートショートはこのくらいの短さが至上だと思うわけです。

21 件中 1 件~ 15 件を表示