サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

かまいたち 改版(新潮文庫)

かまいたち 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー137件

みんなの評価3.9

評価内訳

137 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

中でも「かまいたち」が大好きです

2016/05/04 08:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと室町・江戸時代あたりが好きだったのですが、宮部みゆきさんの時代小説に触れてから熱が増しました。
それぐらい素敵。
ことばが難しくないのもとっつきやすかったのだと思います。
「かまいたち」は学生時代に読んだからか、こんな人がいいのにと思ってしまうぐらい登場人物が本当に魅力的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮部みゆきの初期時代小説短編集

2006/05/22 18:29

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作も含め、4編が収録されている、時代小説の短編集です。
 なかでも、後半の二編は、デビュー以前の作品だとか。
この二編は、人には、見えないものが、見える、お初が主人公の
連作ものなのですが、これがこの後、霊験お初捕物シリーズになっていく
みたいです。(読めていませんが)
 実在の根岸肥前守という人が、登場するのですが、
この人の、残した、随筆集「耳嚢(みみぶくろ)」についての、言及も
しっかりされています。
 いい話のネタみつけましたね、、宮部さん。
 併し、やっぱり一番面白かったのは、表題作の「かまいたち」
でした。複雑に仕掛けがほどこしてあり、大変スリリングな展開です。
 又、ネットサーフィンで、知ったのですが、この短編集の中から、
NHKのドラマになった、茂七のシリーズの脚本に使われた作品があるそうです。
(どれだろう?)
 デビュー以前から時代小説を書いていることからわかるとおり、
宮部さんにとって、時代小説を書くということは、自然なことみたいです。
(時代劇のディテールだけが、ネックだと、対談では、語っていたそうです)
割と、殺伐と↓、テーマを扱っているのに、
 宮部ワールドといわれる、どこか優しさが感じられる作風も、
このころから、健在です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

江戸の人々の暮らしを乱す事件。

2011/01/07 01:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

短中篇4つから成る一冊。
最初の2篇は、もう過去に読んでいた宮部さんの時代小説に比べると勢いに欠いているなぁ、面白みがいま一つ足りないなぁと思ってあとがきを読むと、初期の作品であったと書かれていた。そこで得心がいったと同時に、驚きもあった。プロの作家さんとして駆け出した頃に、すでにこんなふうに書けたのかと思うと、やっぱり宮部さんは凄いと思った。

江戸の町を騒がせる辻斬り『かまいたち』。
首の皮一枚繋がるくらいに人の首を切るという残忍な手口。
その犯人の顔を見てしまったと思った一介の町娘が、その正体を突き止めようと動き出す。霊験お初物語のお初を思い起こすような勇気や負けん気が微笑ましい。そして、その事件の裏側に潜むあらゆる事情や思惑が、また少し哀しかったりする。江戸時代には、大店や由緒あるお武家には体裁を守るべく、ある時には人を深く傷つけたりもしたのだろうか。そして、身分によって出来る事、出来ない事の大きさや、不公平さもあったりしてやるせない。そういう、町人の心情や使用人の気持ち、人情の機微などの描写が細かく、分かり易いのが魅力。宮部さんの時代小説はどれも、気軽に読める。

最後の二篇は、あの霊験お初物語でお馴染みの人物が出てくるので嬉しかった。というのも、やはり江戸時代の上下関係のシステムや、身分の上下に疎いので、すでにシリーズ一冊目を読み終えたお初物語だとどういう間柄であるとか、誰が目上なのかがすぐに思い出せるので、難なく読めた。実在していた奉行が書き残した『耳袋』という書物があるということも知って、興味も湧いてきた。お初物語はシリーズとは言え、まだ二冊しか出ていないので次を書いて欲しいと改めて思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み甲斐のある短編ぞろい

2007/05/14 10:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『かまいたち』『師走の客』『迷い鳩』『騒ぐ刀』の四作品を収めた短編集。
『迷い鳩』と『騒ぐ刀』は、後に多少設定を変えてシリーズ化されることになる「霊験お初」こと岡っ引き六蔵の妹で一膳飯屋の看板娘お初が活躍する作品です。
収録された四作の中では、『かまいたち』が一番のでき。ある程度先が読めてしまうということはあるものの、緊張感サスペンス感は申し分なし。この四作の中というより、作者の時代ものの中の代表作といっても良いくらい。
『師走の客』は、他の三作品と比べると短いものですが、一読忘れられない心に残る一編です。
四作ともに読み甲斐のある短編ぞろい、時代小説は苦手という人にもすすめてまわりたくなる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジー風時代小説

2006/11/17 00:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

後に著したファンタジーの片鱗を感じさせる一冊でした。今の所読んだ宮部みゆきの時代小説の中では一番かな。
特に「騒ぐ刀」は、RPGをやっている気分にさせられました。
どれもユーモアと少なからず切なさが込められていて好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切れ味はかまいたち

2004/07/25 02:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時代小説短編集「かまいたち」です。宮部みゆきの時代小説、良いですねっ。表題「かまいたち」に「師走の客」「迷い鳩」「騒ぐ刀」の4篇が収録されています。この内、「迷い鳩」「騒ぐ刀」はデビュー前の1986年、1987年に執筆されたものに加筆したものです。これらは時代小説ながら、その後の「龍は眠る」「クロスファイア」などに続く原型とも言えそうですね。本書の解説を笹川吉晴氏(文芸評論家)が書かれていますが、宮部作品を鋭く分析してあり、ファンならずとも共感を覚えるでしょう。

 どの作品も十分満足して読み終えました。宮部作品の時代小説全てに言えるのですが、そのように当時の日常生活、生活習慣から社会規範、身分制度が実社会へどの様に反映しているのか、町並みの様子から地理的な位置、などなど下調べをしたのでしょうか、驚かされます。10年くらい前の出来事なのだから知っている人は知っているはず…みたいな感じで実にサラッと書いています。海外小説を読む時のように、おぼろげながら知っている知識と、元々違う文化なのだからと当たり前に受け入れながら読む時と似ていますね。ですから、時代考証云々などしないで安心読める背景があるから、メインの物語へ没頭できるわけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

油断は禁物宮部ワールドにご注意

2002/02/20 21:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばんばん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宮部みゆきは現代物、時代物双方いけるが、時代物のほうがゆとりを感じる。本作品もその時代物の一つだが、短編集ということもあり、軽妙で、思い入れがしやすい主人公を描いている。特徴的なのは、彼女の描く人物は等身大であるが、ただ一つ、感覚が鋭いのだ。常人の幅におさまれば感覚の鋭い人となり、おさまらなければ超能力者となる。そういう危ういところをすらすらと書くあたり、まだまだ底が知れない。この作品も有名な人でも、有名な事件でもなく、その時代の庶民の生活におきた非日常を描いている。この作品は宮部みゆきワールドの導入として、読んで欲しい作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

超能力は反則だと思うが、まぁ、いいか

2002/04/26 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菅野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宮部みゆきの長編作品は、物語が架橋に到達するまで退屈なのだが、短編集だとエンジンのかかりがいい。
 町医者の娘が辻斬り「かまいたち」は、ウィリアム・アイリッシュのコーネル・ウールリッチ名義の名作「わたしが死んだ夜」収録の「非常階段」に似たシチュエーションを描いた佳作、地道な商売を続けていた夫婦が詐欺に騙される「師走の客」、殺人事件を解く鍵が一羽の鳩だった「迷い鳩」、一振りの妖刀をめぐる騒動を描く「騒ぐ刀」の四編を収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/30 00:13

投稿元:ブクログ

裏表紙より『サスペンス色の強い表題作はじめ、素朴な夫婦に芽生えた欲望を描く「師走の客」、超能力をテーマにした「迷い鳩」「騒ぐ刀」を収録。宮部ワールドの原点を示す時代小説短編集。』

2005/01/13 10:01

投稿元:ブクログ

時代小説第二弾。4篇が収録されていますが、どれも面白いデス。表題作は歴史文学賞入賞の秀作。後半2篇は、後にシリーズ化される「霊験お初捕物控」に繋がる超能力モノ。江戸時代に超能力という設定は新鮮です。

2004/11/30 18:51

投稿元:ブクログ

江戸モノ、お化けが見える子登場の奴でした。まぁまぁOK
かなりラストのとかはオカルトのみでしたけど。
一つ目の‘娘が持ってかれるかもしれんがな’ってのが素敵。続が読みたいわぁ〜
やっぱああいう静かなかわいい恋愛(古典的)すきかも☆

2004/11/30 15:49

投稿元:ブクログ

2002/9/9〜読みはじめました。

これもお江戸のお話だそう・・・楽しみ(^ー^* )フフ♪

〜2002/10/3読み終わりました。

いや〜スゴク時間がかかっちゃってるんだけど、
新しい携帯を買ったせいで通勤電車は携帯の使い方のお勉強ばっかりで
読み進まなかったんす(〃∇〃)ゞテレッ

で、内容は・・・面白かったです。
お江戸の捕り物ばかりなのかと思ったらこれまたちょっと違う世界のミステリー♪で
かな〜り気に入りました。
でも、書評にも書いてたけど、宮部ワールドを時代物に置き換えただけ・・・っていうだけのお話で肩肘張らずに?(笑)楽しめます。

ああ面白かった(^ー^* )フフ♪



2004/12/29 01:38

投稿元:ブクログ

時代物が4編収められている短編集ですが、宿命的なものを背負っている人の話に惹かれやすいアタシは、超能力を扱った後半の二作品が読んでいて面白かったです。

2006/08/20 16:21

投稿元:ブクログ

 宮部みゆきの初期短編集。
 後半2編は微妙に設定が違うけど、お初シリーズのはしり。こっちのが面白かった。「騒ぐ刀」は『震える岩』の原型だと思うんだけれど、無理に忠臣蔵と結びつけた『震える岩』よりよほど面白い。この人は、少なくとも時代モノに限っては短編の方がうまいんじゃないかと思う。
 表題作「かまいたち」もよかった。おようの、信じてもらえないから意固地になってしまうところや無鉄砲さがリアル。

2005/05/23 01:35

投稿元:ブクログ

本作品が、私が宮部みゆきさんと初めて出会った本です。
友人から借りて読みました。
それ以来、宮部さんの時代物を読み漁るようになりました。
今でも、宮部さんの作品では、人情味溢れる時代物の方が好きです。

137 件中 1 件~ 15 件を表示