サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

【HB】~書籍によるビジネス講義~「日本橋ビジネススクール」xhontoブックツリー:ポイント5倍キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

翻訳ガール(宝島社文庫)

翻訳ガール みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2015/05/15 11:06

投稿元:ブクログ

私の仕事と関係のあるテーマだったので、
興味を持って衝動買い。

ストーリーは...
悪くはないが、飛び抜けて素晴らしくもない。
特殊な業界の話なので、興味深く読めはした。

が、何と言っても人物造形が浅い(- -
登場人物全てが「薄っぺらい」印象で、
どうしても寛恕移入できない(- -

一応いくつか「事件」は起きるのだが、
主人公の不安も犯人の葛藤も周囲の反応も、
全てが薄っぺらい(- -

主人公のキャラも、印象的なプロローグの割に
第一章でもう全然別人に思えるし(^ ^;
何の伏線にもなってなかったような(^ ^;

もっともっと「練れば」面白くなりそうなのにな、
というやや残念な印象でした。

2014/09/25 18:52

投稿元:ブクログ

お仕事小説かと思いきや、ラブストーリーがメイン。主人公は翻訳会社タナカ家で働く女性。同僚や恋人、その娘、そして謎のストーカー(?)との関係性で物語が展開し、この先どうなるのだろうと思わせます。翻訳会社はこういうところだ、と分かるようになっていますが、翻訳についての言及は、お仕事小説と考えると少ない気もします。既刊にタナカ家を描いたものがあるので、そちらも読んでみようと思いました。

2016/05/28 21:03

投稿元:ブクログ

「お仕事小説」とあったのに、ラブストーリーの要素が強くて驚いた。
文芸物の翻訳者の方の大変さは、この話からも十分わかる。
あの米原万里さんも、締め切り近くになると、なりふり構わず、お風呂にも入らず、という壮絶な有様だったと言うし。
まあ、そのあたりを赤裸々に描きすぎると、引いてしまう人もたくさんいるのだろう。
エンタメとして絶妙な配分、なのかな。

およそ250ページで、あっという間に読める。
その割に、内容てんこ盛り。
婚約者鴨居と娘一花のこと、引きこもりのアシスタント引田楽子のこと。そしてヒロイン泉子へのストーカー事件。

ヒロインの造形、最近はこういう、有能で美人だけど媚びないというか、愛想がないタイプが流行なのだろうか。
「舟を編む」のかぐやさんもそのタイプだし。

2015/10/17 21:32

投稿元:ブクログ

翻訳を仕事とする主人公、泉子と、彼女へのインタビューがきっかけでプロポーズした、バツイチの鴨居。バイオリンの才能に恵まれた、鴨居の娘、一花。そして引きこもりだけど有能な、楽子。彼ら、彼女らが引き起こす、おかしくて優しいお話。
あまり期待せずに読んだけど、読みやすくて

2014/10/22 14:09

投稿元:ブクログ

さ、さすが宝島社。読み終わっても読書メーターつけるの忘れるぐらい印象に残らなかった。スゴイ。

読んでて不快感もなく、ほうほうほ~うと思いながら読めるんだけど、別に読み終わったからといって何も残らない話だったなー。えーと、コミュ障にやさしい会社だったというのは覚えてる。それだけしか覚えていない。

2014/10/13 11:16

投稿元:ブクログ

【翻訳ガール】ガール、に違和感。
もっとマシな、というかぴったりくるタイトルはなかったものか

センスを感じられない


もちろん、翻訳はベースにあるけど、
なんか薄い


最初に泉子の印象と
鴨居と付き合いはじめてからの泉子が
あまりにすんなり変わり過ぎて
そこって大切な描写だったのではと…


最後に楽子の話も駆け足というか
さらっとしていて


なんだか…浅いという印象でした

2015/05/31 02:15

投稿元:ブクログ

翻訳会社「タナカ家」の目白泉子は海外文芸作品の翻訳オファーを受けることに。泉子は嫌がらせや同居中の婚約者の前妻との娘が転がり込んでくるなど、仕事以外にも問題が山積み状態。それでもタナカ家のメンバーの支えで翻訳を進めていく。。。
なんか・・・ページ数が無いのに、詰め込みすぎですよね。
なので、全部が薄味。お仕事小説というには翻訳に特化したような表現は無いし、婚約者の娘との関係もお互いに牽制しあうだけ(最後にひと騒動あるけど)、嫌がらせもサスペンスになるほど深刻じゃない。
全部がサラッと入れているだけに、どれも中途半端になっている。
婚約者の娘、一花がやったことは誤解からとはいえ、決して許されるものではないはずなのに、あっさり終わっていて、口では「許さない」と言っているけど、態度はまったくそういう感じじゃない。
疑問点としては家のパソコンとはいえで仕事で使用しているのに、パスワードかけないの?それに、バックアップも取っていないみたいだし。
大事な原稿、と言っている割にはこの人もなんだかなぁって感じでした。
前作が1年ぐらい前だから、少しは成長しているかな、って期待していたのに、まったく変化なしですね。嫌いなわけじゃないけど、これで定価の金額は出したくないなぁ。

2014/09/21 00:10

投稿元:ブクログ

翻訳家という職業に何となく興味があったのと、冒頭を読んで根津神社が出てきたので購入。別の本の続編?らしいけど、その本はお店探したけど無かった。
感想としては、翻訳家の仕事の中身をもっと前面に出して欲しかったと思う。翻訳してる描写はあるけど、少ないし…。タイトルにまで翻訳家の話ということを打ち出している割に、正直、これ翻訳家が主人公じゃなくても成立する話じゃん!と思ってしまった。
前作を読めばまた感想変わってくるのかもしれないけど、今のところ読む気はあまりしないかなあ。

2014/12/23 09:13

投稿元:ブクログ

お仕事、恋愛、家族、仲間といろいろ詰まったお話。それゆえに、それぞれについてちょっと薄い感じがするけれど、ほどよく読めました。一花の行動には、正直納得できんけどね。他の人の仕事を邪魔するなんて最悪。それをさらっと許す鴨居さんにも納得がいかないけど。

2015/08/06 22:36

投稿元:ブクログ

「翻訳会社「タナカ家」の災難」の続編。続編と言ってもこの本だけ読んでも楽しめます。
タナカ家社員目白泉子は小説翻訳の仕事を依頼され恋人もでき幸せな一方、ストーカーまがいの行為と恋人の娘に悩まされる。
お手軽に気楽に楽しめる小説。スイスイ読めてよかった。でも前作で万年さんは泉子さんに恋愛感情をもっているような描写があったように思ったんだけど、あれは可南の勘違い?可南と二代目社長のその後も知りたかったんだけどそれらしい話は全く出てこなかったのは残念。

10 件中 1 件~ 10 件を表示