サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. にんじん
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

にんじん(新潮文庫)

にんじん みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

にんじん

2016/06/30 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒデ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学校の時、少年少女世界文学全集を読んだが、唯一読まなかった、というか読めなかった作品。齢60になって読了して、その理由がわかったような気がする。翻訳の言葉遣いで陰惨な感じは免れているが、これは母親による一種の児童虐待のお話である。救いは「にんじん」が成長して母親に反抗をするようになるところか。ひとつわからないのは、母親に嫌われるのが、「にんじん」の性格にあったのか、それとも虐待されることで性格が少し歪んだのかである。というのも「にんじん」の性格の悪さを示すエピソードも少なからず存在するので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/29 09:28

投稿元:ブクログ

すばらしかった。名作と評判だったので読んでみました。
最初あまりに主人公が家族にいじめられるので、
知的障害があるのかとか、ものすごい人格に問題があるとか理由があるのかとおもったら、何もない。
兄や姉、たまに父親とは一対一だと普通に接しているし、愛情を感じる。
主人公に悲しさを感じた時、時々現れる残忍性に裏切られたような気持ちにもなる。
そして、最後の反抗、そして父の告白。
少年の葛藤と自立がそこにあって、頭を殴られたような衝撃を受ける。

2014/11/20 00:29

投稿元:ブクログ

「人には言えないこと」の話。

一度、慣れてしまったら、世の中にはひどいと感じなければいけないことなんか、ひとつもないのだ。


慣れって怖ろしい。


今度は原文で読みたい。

2014/10/08 20:32

投稿元:ブクログ

本作は、赤毛の少年「にんじん」の生活を描いた連作掌編です。

その特徴は何と言っても、彼が母から執拗な虐待を受け続けていること。かなり重たいエピソードもあります。愛に飢えた子らしく、爆発してしまうシーンもあります。それでも「にんじん」君は成長していきます。内省的で自責的な少年として。そして、小さなことからも幸せを得られる、多感な少年として。

扱う話はエグいですが、案外読みやすいです。柔らかい文章で、ユーモラスでさえあります。いろいろ考えさせられる元祖・児童虐待文学です。

2015/07/18 18:44

投稿元:ブクログ

ジュール・ルナール『にんじん』新潮文庫

はじめの方は、読み進めれば進めるほどに憤りや嫌悪感、不快感が募るばかりだった。

一言で片付けるなら、かわいそうなにんじん。

しかし、話が進むにつれて、段々とお母さんの方がかわいそうに思えてくる。

なぜなら、お母さんは誰にも好かれていないからだ。

一方のにんじんは、母親からの精神的虐待はあるものの、彼を想う人は周りにいく人もいる様子だ。

特に、名付け親のおじさんは、この話のなかで唯一と言っていいほどにまともで暖かい人物である。

ルナールの自伝的小説である本書の大きなメッセージの一つであり、ルナール自身が最も求めた言葉が、次に述べる名付け親のおじさんのセリフのように感じる。

「わしには子供がおらんが、自分の子供が猿だとしたら、猿のケツでも舐めるがね。」

2015/03/27 18:20

投稿元:ブクログ

初めてのフランス文学。
原宿ブックカフェで紹介されて気になってた。内容がまあ凄まじい。そして本の中にも挿絵があって可愛い!

赤毛のにんじんが母親に虐待されるんだけど、重苦しくなくユーモラスな話。可哀想って思うけど笑える変な感じ。

文化の違いで理解し難いとこもあるけど、テンポ良くて読みやすかったです。

6 件中 1 件~ 6 件を表示