サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/01/01 17:47

投稿元:ブクログ

電子書籍でジャケ買い。
平易でさっと読めた。内容は、アドラー心理学に詳しくないのでなんとも言い難いが、「勇気づけ」や「結果を経験させる」に共感が持てた。

2015/08/18 00:22

投稿元:ブクログ

「個人心理学」…個人の主体性について焦点をあてた。
「目的論」…どこに向かおうとしているのか
「共同体感覚」

アドラー心理学をベースに人生を生きるにはというテーマ。

楽観的であれ!ということの意味を、まだ、リアルに理解できていませんが、今までの常識的な観点を離れて、肩の力を抜いて、あるがままの自分の姿を受け入れていこう!という気持ちになれた気がします。さすが、実践の心理学と言われる、アドラー心理学です。もう少し、深く理解して、身につけたいと思える一冊です。

2015/03/03 06:23

投稿元:ブクログ

行動することに悩む自分の背中をいつも押してくれます。自分のうじうじ考えていたことに対して、本として書かれていると嬉しくなります。何回もメモを取りながら読みました。

2016/06/02 03:12

投稿元:ブクログ

心理学の勉強をした訳ではありませんが、
今までずっと「心理学」と聞くとフロイトの名が頭に浮かんでいました。
その他はアッシュ、そしえコフカ?!
この本を読んで行くとフロイトvsアドラーの心理学論争があったようなので、
一応、「フロイト」が何をどう説いたのか調べてみました、すると、
~過去の環境や経験で性格は形成される~
出生に纏わる事や性格が作られる年齢に、
どんな事をしたか等で一生の性格形成が成されるというフロイトの考えでしたが、(汎性欲論)
アドラーは~当人の意志によって性格は変えられる~
「人生が困難なのではない。貴方が人生を困難にしているのだ」という概念から、
人生は思い込みだったり楽観的だったり、
そういう事で素晴らしい人生を送れますよ~という事をアドラーは説いていたそうです。
アドラーの考えは、どちらかというと仏道に似ていると本書を読んで考えました。
何よりもアドラーの心理学概念は、
「個人が自分の劣っている所を何とか克服しようとする、その向上心が唯一の心の力の源泉である」
としています。
その事こそが【ブレない自分】を作り出しているという事です。

”目的論” ”勇気づけ” ”共同体感覚” ”課題の分離”
その他”勇気欠乏症” アドラー心理学はとても解りやすくユニークなもので、本書もその辺りを素人でも理解出来るように書いています。
心理学を学ぶのにはフロイトやユングよりも、
アドラーを最初に齧っておくべきだと思いました。
この本、凄く読み易かったです。
時間が出来たら再読したいと思っています。

4 件中 1 件~ 4 件を表示