サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

殺意の黄金比 文庫書下ろし/長編ミステリー(光文社文庫)

殺意の黄金比 文庫書下ろし/長編ミステリー みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/02/20 19:40

投稿元:ブクログ

下町の、町工場が舞台ってのが結構好きです。技術の素晴らしさとか、匠の技ってのに憧れます。鋏の描写を読んで、爪切りを探して、買いたくなりました。

2015/12/25 13:51

投稿元:ブクログ

昭和30年代の町工場での話。

主人公、渋沢瑛一は、鉄工所を経営の父が、親戚の連帯保証人になった結果、借金を背負わされて、大学を断念し、町工場を渡り職人をした後、曙信用金庫に、勤務している。

父親の盲腸で、入院した先で、医師の熊谷の黄金比の話が、出るが、小説の中で、黄金比が、どのように関係しているのかが、少し分かりにくい。
熊谷の女性問題から、愛娘の誘拐に発展するが、瑛一と、その恋人の婦人警官千春のコンビで、犯人を見つけ出す、、、、、アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」の様な、展開になって来る。

本の帯に書かれている「倍返しだ!」にハマった方必見です。の言葉であったが、池井戸潤氏のように、銀行の中の複雑の説明が余り無く、すいすいと、読み進めてしまえる本であり、犯人を追究をしなくても、さわやかな終わり方であった。

2 件中 1 件~ 2 件を表示