サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/15 18:03

投稿元:ブクログ

ウソみたいに神秘的な生き物たちの写真がキモ美しい。鯨のエコシステムの大きさに驚きました。神話的なまでに。

2017/01/18 21:48

投稿元:ブクログ

 死んだ鯨が海底に沈むと、まず鮫などの大型魚類がその肉をついばむが、残った骨も資源の乏しい深海底では貴重な栄養源であり、それを中心とした生態系が生まれ、これを鯨骨生物群集という。
 常に降り注ぐマリンスノーに比べると「鯨の遺骸」というのはかなりイレギュラーな存在であるが、その巨大さゆえに一つの生態系が発生するというのが非常に興味深くて、本書は膨大な写真とともにとてもわかりやすく解説していてありがたい。
 鯨の遺骸に肉が残っているのはせいぜい1年程度であるが(本書では研究のため意図的に鯨の遺骸を沈めたが、海底に到着する前にイタチザメなどが群がった)、骨は案外長く残り、数十年も続くという。やがては骨の中に根を張る植物のような動物も発生する。殆ど生物のいない深海底でいつの間にかそうした珍奇な動物達が集まって、やがて骨を完全に分解して消えてしまうわけであるが、どこから来てどこに行くのかというのはいまいちよくわかっていない。どうやら熱水噴出口に集まる動物に近い(硫化水素などを栄養源にできるという意味で)らしいが完全に同一というわけでもない。
 この熱水生物群集というのも非常に珍奇なもので(金属の鎧をまとった貝、スケーリーフットなどは比較的著名であろうか)、本書はそちらも紹介してくれているので本当に楽しい。

 これらの生物は非常に原始的な構造をしており、鯨が登場する前は首長竜(いわゆる海の恐竜)などの遺骸でもこうした生態系があったのだろうとのことで、想像はさらに膨らむのである。

2 件中 1 件~ 2 件を表示