サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

21世紀の貨幣論

21世紀の貨幣論 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2015/05/24 04:34

投稿元:ブクログ

本の帯に「桁外れの知的衝撃! ジャレッド・ダイアモンド級!」と書かれている。「ジャレッド・ダイアモンド」が大きく、「級!」があえて小さく書かれている。最初はジャレッド・ダイアモンドが絶賛でもしたかと思ったが、なんだか関係なさそうで、いくら日本だから本人が見ないし、主観だからいいとか言ってもその行為はまったく誠実さに欠いているところだ。また、タイトルにしても、『Money The Unauthorized Biography』であるところを、例の世界的ベストセラー『21世紀の資本』にあやかりたいところがみえみえなのである。著者本人や内容には関係ないだろうからよしとしたいが、出版元はせめて罪悪感は持ってほしい。でも、評価は★3にしておく。

太平洋のヤップ島では、持ち運びが簡単にはできないほど大きな石器フェイを「貨幣」として流通させている。このシステムの特異性は、必ずしも石器を手元に置いておく必要はないということである。事例として海の底に事故で沈めてしまったものについても富として了解されている。この事例は面白い。これをもって著者は、貨幣の本質は信用だと言う。フェイは、債券と債務を管理しやすくするための信用取引システムだったと。通貨そのものは「マネー」ではない。

著者は、マネーの本質として、抽象的価値単位の提供、会計記録システム、譲渡性、の3つを見る。これを「譲渡することが可能な信用」ということでまとめる。

古代ギリシア、中世ベネチア、危機に瀕したアイルランド、王政フランス、ソビエト、19世紀イギリス、そして金融危機を起こした2000年代の金融システムについて解説を進める。ここで、ふたたび帯に戻って「6000年の歴史をひもとき、定説を次々と覆す」というのも明らかに誇大広告だ。6000年というのも言い過ぎだし、それほど斬新な節を提示しているわけではない。

最後の仮想友人との会話は、まとめとしてわかりやすい。これがないと翻訳のせいもあるのかもしれないが、何を言わんとしているのかいまいちぼんやりとした印象で終わっていた。

2014/10/09 08:07

投稿元:ブクログ

『21世紀の貨幣論』 – 2014/9/26
フェリックス マーティン (著), Felix Martin (原著), 遠藤 真美 (翻訳)
http://booklog.jp/users/jwtdream/archives/1/4492654658

『21世紀の貨幣論』 – 2014/9/26
フェリックス マーティン (著), Felix Martin (原著), 遠藤 真美 (翻訳)
http://aloha88.net/mface/index.php?go=eoCz25


内容紹介
マネーとは何か。なぜ人はマネーに翻弄されるのか。
気鋭のエコノミストによる、定説を覆す斬新なマネーの進化史。

マネーをめぐる6000年の歴史をひもとき、経済学と資本主義の未来を問う


■伝説の哲学者ジョン・ロックが経済学に間違った思想を植え付けた!?
・経済学思想の源流をたどり、歯に衣着せぬ大胆不敵な主張を展開。

■物々交換の不便さから、マネーという最強の発明が生まれたという定説はウソ!?
・ケインズとフリードマン、なぜ2人の偉大な経済学者が
『ヤップ旅行記』という地味な本を賞賛したのか? 
斬新な着想で次々と定説を覆す、知的刺激にあふれた本。

■圧倒的な読み応え。いまをときめく著名人たちも絶賛!

読みやすくてスリリング。もし一冊だけマネーに関する本を読むとしたら、これがその本だ。
ハジュン・チャン(『世界経済を破綻させる23の嘘』著者)

すばらしくオリジナルで面白いマネー史。システム全体がこんなにも危険で、
慢性的に不安定なことに思いをはせたことがある人は、この本を読むべき。
ライアカット・アハメド(ピューリッツアー賞受賞『世界恐慌』著者)

【主な内容】
第1章 マネーとは何か
第2章 マネー前夜
第3章 エーゲ文明の発明:経済的価値を標準化する
第4章 マネーの支配者はだれか?
第5章 マネー権力の誕生
第6章 「吸血イカ」の自然史:「銀行」の発明
第7章 マネーの大和解
第8章 ロック氏の経済的帰結:マネーの神格化
第9章 鏡の国のマネー
第10章 マネー懐疑派の戦略:スパルタ式とソビエト式
第11章 マネーの構造改革:ジョン・ローの天才とソロンの知恵
第12章 王子のいない『ハムレット』:マネーを忘れた経済学
第13章 正統と異端の貨幣観
第14章 バッタを蜂に変える:クレジット市場の肥大化
第15章 大胆な安全策
第16章 マネーと正面から向き合う


内容紹介
マネーとは何か。なぜ人はマネーに翻弄されるのか。
気鋭のエコノミストによる、定説を覆す斬新なマネーの進化史。

マネーをめぐる6000年の歴史をひもとき、経済学と資本主義の未来を問う

■伝説の哲学者ジョン・ロックが経済学に間違った思想を植え付けた!?
・経済学思想の源流をたどり、歯に衣着せぬ大胆不敵な主張を展開。

■物々交換の不便さから、マネーという最強の発明が生まれたという定説はウソ!?
・ケインズとフリードマン、なぜ2人の偉大な経済学者が
『ヤップ旅行記』という地味な本を賞賛したのか?
斬新な着想で次々と定説を覆す、知的刺激にあふれた本。

■圧倒的な読み応え。いまをときめく著名人たちも絶賛!

読みやすくてスリリング。もし一冊だけマネーに関する本を読むとしたら、これがその本だ。
ハジュン・チャン(『世界経済を破綻させる23の嘘』著者)

すばらしくオリジナルで面白いマネー史。システム全体がこんなにも危険で、
慢性的に不安定なことに思いをはせたことがある人は、この本を読むべき。
ライアカット・アハメド(ピューリッツアー賞受賞『世界恐慌』著者)
内容(「BOOK」データベースより)
マネーとは何か。誰がマネーを支配するのか―気鋭のエコノミストによる、斬新なマネーの進化史。資本主義と経済学のあり方を問う。
著者について
フェリックス マーティン
ライオントラスト・アセット・マネジメント マクロエコノミスト、ストラテジスト
オックスフォード大学で古典学、開発経済学を、ジョンズ・ホプキンス大学で国際関係学を学ぶ。オックスフォード大学にて経済学の博士号を取得。世界銀行に10年にわたって勤務し、旧ユーゴスラビア諸国の紛争後復興支援に関わる。現在、ロンドンの資産運用会社ライオントラスト・アセット・マネジメントでマクロエコノミスト、ストラテジストとして活躍。本書が初の著書となる。

遠藤 真美(エンドウ マサミ)
翻訳家
主な訳書にメレ『ビッグの終焉』、シェンカー『コピーキャット』、フォックス『合理的市場という神話』、セイラー/サンスティーン『実践 行動経済学』、ブックステーバー『市場リスク 暴落は必然か』など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーティン,フェリックス
オックスフォード大学で古典学、開発経済学を、ジョンズ・ホプキンス大学で国際関係学を学ぶ。オックスフォード大学にて経済学の博士号を取得。世界銀行に10年にわたって勤務し、旧ユーゴスラビア諸国の紛争後復興支援に関わる。現在、ロンドンの資産運用会社ライオントラスト・アセット・マネジメントでマクロエコノミスト、ストラテジストとして活躍。『21世紀の貨幣論』が初の著書となる

遠藤/真美
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

2016/01/21 18:05

投稿元:ブクログ

マネーの本質が譲渡可能な債務債権であるというのはよくわかるし、本書の最終的な結論であるナローバンクの提唱もわかるのだが、両者は直接関係ない気もした。ジョン・ローが高評価されているのが面白い。

2015/02/03 22:31

投稿元:ブクログ

ピケティはまだ読んではない。
でもこのマーティンの「マネー」とはなにか、原史を辿り、その根幹的な意味を「交換可能な信用」とした。
互いに余剰なものを物々交換するための道具ではなかった、という事実に目から鱗だった。
現代の膨大になり、世界金融を左右するプライベートマネーをどのようにコントロールするべきなのか。それを考えるためには必読だと思う。

2015/10/12 18:02

投稿元:ブクログ

通貨そのものはマネーではない。信用取引をして、通貨による決済をするシステムこそが、マネーなのである。

通貨の根底にある信用と清算のメカニズムこそが、マネーの本質なのである。

マネーは、交換の手段ではなく、3つの基本要素でできた社会的技術である。一つは、抽象的な価値単位を提供すること。二つ目は、会計のシステム。三つ目は、譲渡性である。

会計士は人類最古の専門職。
古代メソポタミアの経済と暗黒時代のギリシャの経済に重要な共通点があった。神殿の官僚主義的な計画も、暗黒時代のギリシャの原始的な部族主義的制度も、お金を使っていないのだ。

紀元前5世紀の最後、古代ギリシャの都市国家は最初のマネー社会になっていた。
革命的な貨幣化が社会や文化に大きなインパクトを与えた。
古い宇宙観、古い思想が姿を消して、それに代わって台頭していたのが、社会的地位はお金を蓄積する能力で決まるという客観的な経済観だった。

伝統社会の倫理は、安定の欲求を満たすために自由の欲求を封じ込めていた。マネー社会という新しい世界は、その二つを約束するものだった。

君主が資金を調達する銀行を設立すること自体は、イノベーションでも何でもない。・・・ウィリアム3性は重要な特権を銀行に与えることになった。イングランド銀行に銀行券を発行する権利を与えたことが何よりも大きかった。

2015/05/10 09:44

投稿元:ブクログ

1)経済学科出身だしビジネススクールでも経済学は履修した。けど世の中の出来事を見てると納得いかない。そんな僕に間違いなく必要な本。
2)まだ十分には咀嚼できていない。時間をとって振り返らないと。経済学とファイナンスにはお互いが欠けている?そんなの薄々分かってたけどさ。数式ではなく歴史と思想の流れでそれを読み解く試み。筆者が参画しているThe Institute for New Economic Thinkingって非営利組織も面白そうだ!時間がいくらあっても足りないね。
3)有意義な試みだからこそ、紛らわしい邦題や、無関係のジャレド・ダイアモンドの名前を筆者の名前よりも大きく出すような和風マーケティングは、本書の価値を貶めると思う。断固反対!
4)実は本書を、マニラの定宿の枕元に忘れてきた。けど次の出張のときにきちんとビニールに包んで届けてくれた。そういう意味でも思い出深い本になった。

2014/12/06 19:57

投稿元:ブクログ

マネー基本要素に、抽象的な価値単位の提供があるが、今の経済システムでは幸せ、豊かさ、自由、公平さを生み出せない。価値の天秤の支点を動かし、信用保証対象の銀行機能を制限して、マネーを構造改革すべし。

きちんと理解はしきれていませんが、格差が進むと言われるこれからの世の中に、ひとすじの希望が見えるように思いました。

2014/12/20 06:32

投稿元:ブクログ

翻訳が今ひとつかも知れない。平易な日本語だけど、今一つ論理が追いきれない。原文の問題かも知れないのですが。

2015/02/14 19:09

投稿元:ブクログ

ジャレドダイアモンド級の「知的衝撃」と、帯にある通り、壮大かつ独創的なストーリーで一気に読みきった。
この本から学んだ今後の課題についての個人的なまとめが以下である。
①貨幣はそれ自体に価値のある商品ではなく、譲渡可能な信用である、という概念を理解すること。経済学の主流である新古典派に対し、もう一度原点に立ち返って貨幣観を見直す時期に来ている。
②貨幣で測るべきものと、そうでないものを分離する必要性(貨幣を尺度とする経済的価値で測る対象は何か?という議論)
→マイケル・サンデルの「それをお金で買いますか?」の議論につながる
③正しくリスクを分担する
貨幣は自由の欲求と安定の欲求を同時に満たすことを可能にする画期的な社会的技術だが、そこには当然リスクがある。個人、社会、国家がそうしたリスクを応分に負うことが必要。
そのために銀行などの構造改革が必要。

どれも一朝一夕に解決する問題ではないが、だからこそしっかりと議論を深めていくべき内容であると感じた。実に読み応えのある良書だった。

2014/10/30 09:17

投稿元:ブクログ

お金とは何か?マネーとは何か?交換手段ではない!モノではない、社会的技術である。実はこの本質がずれていると、その後の経済政策や金融政策の評価が全く変わってくることがわかります!今、私たち日本でもインフレ目標を掲げて進んていることについても、見方が変わってくると思いました。そして何より一人一人のお金に対する捉え方が変わると、より幸せを感じられるようになると、今まで私自身漠然と考えていたことが歴史的にも解明されたような気がします。

2014/12/08 15:10

投稿元:ブクログ

『21世紀の貨幣論』 – 2014/9/26
フェリックス マーティン (著), Felix Martin (原著), 遠藤 真美 (翻訳)
http://booklog.jp/users/aloha88net/archives/1/4492654658

『21世紀の貨幣論』 – 2014/9/26
フェリックス マーティン (著), Felix Martin (原著), 遠藤 真美 (翻訳)
http://aloha88.net/mface/index.php?go=eoCz25


内容紹介
マネーとは何か。なぜ人はマネーに翻弄されるのか。
気鋭のエコノミストによる、定説を覆す斬新なマネーの進化史。

マネーをめぐる6000年の歴史をひもとき、経済学と資本主義の未来を問う


■伝説の哲学者ジョン・ロックが経済学に間違った思想を植え付けた!?
・経済学思想の源流をたどり、歯に衣着せぬ大胆不敵な主張を展開。

■物々交換の不便さから、マネーという最強の発明が生まれたという定説はウソ!?
・ケインズとフリードマン、なぜ2人の偉大な経済学者が
『ヤップ旅行記』という地味な本を賞賛したのか? 
斬新な着想で次々と定説を覆す、知的刺激にあふれた本。

■圧倒的な読み応え。いまをときめく著名人たちも絶賛!

読みやすくてスリリング。もし一冊だけマネーに関する本を読むとしたら、これがその本だ。
ハジュン・チャン(『世界経済を破綻させる23の嘘』著者)

すばらしくオリジナルで面白いマネー史。システム全体がこんなにも危険で、
慢性的に不安定なことに思いをはせたことがある人は、この本を読むべき。
ライアカット・アハメド(ピューリッツアー賞受賞『世界恐慌』著者)

【主な内容】
第1章 マネーとは何か
第2章 マネー前夜
第3章 エーゲ文明の発明:経済的価値を標準化する
第4章 マネーの支配者はだれか?
第5章 マネー権力の誕生
第6章 「吸血イカ」の自然史:「銀行」の発明
第7章 マネーの大和解
第8章 ロック氏の経済的帰結:マネーの神格化
第9章 鏡の国のマネー
第10章 マネー懐疑派の戦略:スパルタ式とソビエト式
第11章 マネーの構造改革:ジョン・ローの天才とソロンの知恵
第12章 王子のいない『ハムレット』:マネーを忘れた経済学
第13章 正統と異端の貨幣観
第14章 バッタを蜂に変える:クレジット市場の肥大化
第15章 大胆な安全策
第16章 マネーと正面から向き合う


内容紹介
マネーとは何か。なぜ人はマネーに翻弄されるのか。
気鋭のエコノミストによる、定説を覆す斬新なマネーの進化史。

マネーをめぐる6000年の歴史をひもとき、経済学と資本主義の未来を問う

■伝説の哲学者ジョン・ロックが経済学に間違った思想を植え付けた!?
・経済学思想の源流をたどり、歯に衣着せぬ大胆不敵な主張を展開。

■物々交換の不便さから、マネーという最強の発明が生まれたという定説はウソ!?
・ケインズとフリードマン、なぜ2人の偉大な経済学者が
『ヤップ旅行記』という地味な本を賞賛したのか?
斬新な着想で次々と定説を覆す、知的刺激にあふれた本。

■圧倒的���読み応え。いまをときめく著名人たちも絶賛!

読みやすくてスリリング。もし一冊だけマネーに関する本を読むとしたら、これがその本だ。
ハジュン・チャン(『世界経済を破綻させる23の嘘』著者)

すばらしくオリジナルで面白いマネー史。システム全体がこんなにも危険で、
慢性的に不安定なことに思いをはせたことがある人は、この本を読むべき。
ライアカット・アハメド(ピューリッツアー賞受賞『世界恐慌』著者)
内容(「BOOK」データベースより)
マネーとは何か。誰がマネーを支配するのか―気鋭のエコノミストによる、斬新なマネーの進化史。資本主義と経済学のあり方を問う。
著者について
フェリックス マーティン
ライオントラスト・アセット・マネジメント マクロエコノミスト、ストラテジスト
オックスフォード大学で古典学、開発経済学を、ジョンズ・ホプキンス大学で国際関係学を学ぶ。オックスフォード大学にて経済学の博士号を取得。世界銀行に10年にわたって勤務し、旧ユーゴスラビア諸国の紛争後復興支援に関わる。現在、ロンドンの資産運用会社ライオントラスト・アセット・マネジメントでマクロエコノミスト、ストラテジストとして活躍。本書が初の著書となる。

遠藤 真美(エンドウ マサミ)
翻訳家
主な訳書にメレ『ビッグの終焉』、シェンカー『コピーキャット』、フォックス『合理的市場という神話』、セイラー/サンスティーン『実践 行動経済学』、ブックステーバー『市場リスク 暴落は必然か』など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーティン,フェリックス
オックスフォード大学で古典学、開発経済学を、ジョンズ・ホプキンス大学で国際関係学を学ぶ。オックスフォード大学にて経済学の博士号を取得。世界銀行に10年にわたって勤務し、旧ユーゴスラビア諸国の紛争後復興支援に関わる。現在、ロンドンの資産運用会社ライオントラスト・アセット・マネジメントでマクロエコノミスト、ストラテジストとして活躍。『21世紀の貨幣論』が初の著書となる

遠藤/真美
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

11 件中 1 件~ 11 件を表示