サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

映画を観に行こう

2016/03/04 08:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第88回米アカデミー賞が発表された。
 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(監督ジョージ・ミラー)が作品賞を逃したものの最多の6冠ということで話題になっていた。
 作品賞は「スポットライト 世紀のスクープ」(監督トム・マッカーシー)。この作品は脚本賞との2冠である。
 作品賞にノミネートされた作品を見ると、脚本賞にも同時ノミネートされた作品が多い。
 やはりいい作品にはいい脚本があるという証でもある。

 脚本家を目指す人にとって話題の一冊となった『SAVE THE CATの法則』の著者ブレイク・スナイダーがその続編として書いたのが、この本である。
 原題は「SAVE THE CAT! GOES TO THE MOVIES」(映画を観に行く)。
 つまり、前作でスナイダーは10のジャンルと作品の構成について書いているのだが、この本では具体的に実際の映画で読み解いていこうというのだ。
 10のジャンルを忘れたって。OK! じゃ、もう一度。(こんな文体でこの本は翻訳されてるんだ、わかりやすいだろ。
 家のなかのモンスター、金の羊毛、魔法のランプ、難題に直面した凡人、人生の岐路、相棒愛、なぜやったか、おバカさんの勝利、組織のなかで、スーパーヒーロー、どうだい。思い出したかい。
 それでそれぞれのジャンルで事例として挙げられている映画は、もちろんこんな映画知らないなんていう作品もあるけど、「タイタニック」や「エイリアン」、「ダイ・ハード」に「ライオンキング」なんていう、きっと多くの人が観た有名な作品もあって、日本の読者にも十分楽しめるようにできているのが、うれしい。

 この本の中でスナイダーが何度も書いている言葉ってわかるかい。
 それが、これ。「あらゆるストーリーは変化について語るものだ」。
 映画によっては大変わかりやすい変化もあるし、中にはどこが変化なのかわからないという作品もないではない。
 それは脚本がよくないのか、観客である私たちがその変化に気がつかないか、そしてそんな作品に限って変化に気づいた観客は絶賛するんだろうな、どうかだ。
 この続編もめちゃ楽しめるゼ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/04 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/29 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/08 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示