サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

90歳の昔話ではない。 古今東西サッカークロニクル

90歳の昔話ではない。 古今東西サッカークロニクル みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

4 件中 1 件~ 4 件を表示

いや、昔話ですね。

2015/09/29 19:39

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とは言え、大変貴重なお話がのってますw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/16 08:50

投稿元:ブクログ

サッカーの現役最年長ライターの賀川さん。


そのコラムや記事をサッカー雑誌などではよく目にしていて


とっても含蓄のある言葉に、目を引き付けられました。


日本だけではなく世界のサッカーに精通し


選手やライターの人たちからも一目置かれる存在。


ある意味、日本のサッカーを別の角度から牽引し続けてきた人です。





今回の本はそんな賀川さんが長年見られてきた世界や日本のサッカーを


人物、大会、ワールドカップという視点から書かれたわれらの備忘録的作品。


やっぱり自分が本気でサッカーに興味を持ち始めたアメリカワールドカップからの


考察はすごく興味深いですね。


なんかあの頃おぼろげに感じていた自分の考えなどが


また思い出されてとってもよかったです。





まだまだ賀川さんにはサッカーを見続けてほしいとあらためて感じた一冊でした。

2015/01/18 10:37

投稿元:ブクログ

フットボールへの愛情に満ち溢れる内容はタイトル通りの単なる昔語りではなく、今その場で行われているかのように活き活きと光景が目に浮かんできます。

2015/07/22 23:57

投稿元:ブクログ

「昔話ではない」といってもねぇ。単純に戦後サッカーを全て見てきているのだから、昔話にもなるものです。
過去も現在も、目指すべき場所・教えとするもの・拠り所とするものは同じだよ、という意味での昔話ではない、ということのなのでしょう。技術・戦術は進化するけれどもね。

なにより、司馬遼太郎と部署はちがえど、同じ職場にいたというのが、すごいと思ってしまいました。。あちらは故人であることもあるし、10代のころから知ってるので、歴史上の人物のような感覚なんですよ。その人と、一緒の時代を過ごしているとは。
第3章のワールドカップクロニクルの書き出しが、紀行文なのが、司馬遼太郎を思い出させますしね。

単純に、スポーツ観戦歴に脱帽です。
過ごしてきた年月が違うのだから、見ることのできた試合、出来ない試合というのは、当たり前のように存在するのですが。「メッシが史上最高」「いや、クリスチャーノ・ロナウドだ」。「その前にペレやマラドーナを見てからにしなさい」といえる観戦歴。
見続けているということの重みです。

古いことを知っているから偉い、というわけではないんです。そういう意味もあっての「昔話ではない」ということかな。

年老いた時に、単なる懐古趣味のじいさんにならないように。賀川さんのような、古今東西楽しく話せるじいさんになりたいものです。

4 件中 1 件~ 4 件を表示