サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ロシア語で読む星の王子さま

ロシア語で読む星の王子さま みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/09/10 18:30

投稿元:ブクログ

「読みたい」と言うより「聞いてみたい」かな、、、

東洋書店のPR
http://www.toyoshoten.co.jp/book/b182314.html

2014/10/01 19:31

投稿元:ブクログ

わがままで傲慢で世間知らずで、時に達観している王子様。大人になってこんな発想で物語を書けるサン=テグジュペリはすごい!

2015/02/17 02:07

投稿元:ブクログ

人生の全てが詰まっている物語。
ー Le plus important est invisible.
ー Anything essential is invisible to the eyes.
ー 一番大切なことは目に見えない。

星間に住む者たちも、地球の人間たちも、蛇もキツネも庭園の花たちも、パイロットの「私」も、一輪の薔薇も、そして王子さまも。

全ての登場人物に共通しているのは、「孤独」。
みながそれぞれ、ぎゅっと寂しくなる台詞を言う。

ひとりひとりが存在している以上、「孤独」が始まりなのであって、またそれが終わりである。

それを出来る限り乗り越えてくれるものが、毎日4時の待ち合わせであり、井戸から汲み上げた一杯の水であり、金色の髪と同じ色をした麦畑であり、星に帰る王子さまをひとりで蛇の元へ行かせなかった私であり、私が蛇に噛まれないか最後まで心配していた王子さまであり、4本の棘だけで世界から自分の身を守っている薔薇であって、薔薇に残った王子さまの後悔である。

羊が薔薇を食べたか、食べなかったか。
人生を知る者は、そういうことこそが大事なことを知っていて、そのほとんどが子どもなのである。

3 件中 1 件~ 3 件を表示