サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

すべて真夜中の恋人たち(講談社文庫)

すべて真夜中の恋人たち みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー178件

みんなの評価3.5

評価内訳

178 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

おすすめです!

2017/03/30 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まつのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく洗練された文体の素敵なラブストーリーです(最初はラブストーリーだとわかりませんが・・・)ハイライトとなる冬子と聖のやりとりはぐっとくるものがあります。なんとなく乳と卵のハイライトにも似ていますが。こういう女性らしい感情の爆発のさせかたは川上未映子ならではです。ご主人の阿部和重さんの影響かな?と思う箇所もあり、とても興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣きました。

2015/01/07 02:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奈未 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後あたりの、主人公の心情の変化や、周りの人物の素っ気なさというか…うまく言えませんが、自分と他人との壁が、悲しくなって泣けました。
主人公のまさに、真夜中の光のようにぼんやりと霞んでいる姿が想像でき、好きな人のことで苦しんでいるのが印象的です。まだ私は専門学生で十代でこどもぽいし、そういう経験がないから、なんとも大人な恋愛だなとおもいながら、なぜだか泣きながら読みました。もっと大人になったら再読したい。そう思います。
この作品を読むきっかけは、電車でスーツ姿のおじさんが読んでいたことです。私は大抵、電車で見掛けた知らない他人がよんでいる本に興味がいってしまうのてす。(どうでも良いですが。)
とにかくもうそのおじさんがどんな人だったのか、思い出せませんが、なんとなく、三束さんを想像するとき、その人が思い出されます。最後の三束さんの…うーん。恋愛とはこういうものなんでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉

2017/03/30 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佳乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章がとても美しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かで切ない"わたし"の感情に引き込まれました

2016/06/17 01:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

人付き合いが苦手でフリーの校正の仕事をする”わたし”の目線で語られる恋愛小説です。恋愛と呼べるのかどうかも分からない感情のもやもやが静かに表現されています。特に284ページの描写がグッときます。不器用女子の恋模様を云々的な感じではなく、一人の人として感じる息苦しさともどかしさの書き方が良かったです。

しかしながら評価が分かれる小説だと思います。恋愛小説というにはあまりにも不器用で浮世離れした世界観が描かれています。ストレートに言うと、あまりリアルではありません。そういうものを求めていなければこの作品の静かな美しさが好きになれると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し大人の女性へ

2016/02/15 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なお - この投稿者のレビュー一覧を見る

世間からは大人の女性だと言われる年齢なのに、未だに寂しさに胸が締め付けられたり、欲しいものが我慢できなかったり…そんな自分をうまく隠しながら、日々をなんとかうまくやり過ごす。
そんな経験はありませんか?
寂しさを乗り越えたり何かに救われたり…でも、この本を読むと、その時間と向き合って胸が引きせかれそうな気持ちを越えることで見える何かに気づかされます。
さぁ、あなたも真夜中の自分と向き合ってみませんか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人だって一人の人間

2015/01/28 16:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ayasnowfrolic - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は究極の消極的引っ込み思案人間。最初は彼女の言動、思考にやきもきというかまどろっこしくてイラっとしてしまうところもあった。いらついてしまうのは、自分にもそういう面があるから。不器用でどうにもうまく生きていけない。それでも、ダメでもダサくてもボロボロでも、その自分の世界を一生懸命生きている。失敗したってカッコ悪くたって強い生命を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/08 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/24 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/29 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/02 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/29 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/03 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/10 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/07 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

178 件中 1 件~ 15 件を表示