サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

働き方は「自分」で決める(講談社文庫)

働き方は「自分」で決める みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

改めて考えてみた・・・

2015/09/06 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sika - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本にでてくる人たちは、自分のやりたいことを早いうちに
見つけて突き進んでいる幸せな人たちに感じました。
やりたいことがあり、また、それに見合う能力、環境、サポートなど
いろんな条件が重なり合い、働いているという意識がほとんど
なく、日々を楽しんでいる・・・理想に近いと感じ、改めて何故、
自分は働いているのかを考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/17 18:21

投稿元:ブクログ

起業した方がいいかと聞かれたら、絶対にNoと回答する。
特に有名大学に通う若者たちならば、大企業に入った方が確実に自分のキャリアを積むことができる。

2016/02/14 01:51

投稿元:ブクログ

多様な働き方が今後も進んでいくといいつつも今だ現状は年功序列、終身雇用が日本はまだしばらく続く。
そんななか自分のスタンスを考えてみると、その流れに乗りながらも高齢社会を迎えた時に自分ができる仕事を今から考えていかなければと感じた。
あと、紹介されている起業家さんは働き方が若いからできるのでは、、と感じた。夜中の3時に呼び出されたり徹夜なんて体に限界がある。

最期の対談の譲れない部分を少なく、最期まで強く持つことが他人と仕事をうまくやるコツに納得

2014/12/20 03:38

投稿元:ブクログ

社会学などでしばしば使われる概念がちゃんと解説されていたり、芸能をテーマとして取り上げるなら日本の芸能史をおさえてみたり……と、かなり教育的。
中高生から読める、かも。

2015/01/04 16:26

投稿元:ブクログ

これからの就職するだけではない働き方を、章によって例を変えながら解説。新しい力を感じ、若い人たちの間で広がっていってくれればいいなと思う。私も特殊能力を決めなければなとも思う。

・ゼント
「下流でもなくホリエモンでもなく」
起業は登記さえすれば誰でもできる。大切なのは、起業することそれ自体ではなく、人がお金を出したいと思うような「専門性」や、ビジネスモデルをいかにもてるかということだ。

・TGC
TGCは女の子のためのパワースポット

・映画
このままいたらそれなりに生活にも困らずにやっていけるけど、もっと心からやりたいものがあるんじゃないかなって思う

つながる起業家
人間の財産は3つあり、お金、信頼や人脈、教養や洗練された習慣

2014/11/17 12:36

投稿元:ブクログ

書下ろしかと思って図書館でリクエストしたら、『僕たちの前途』の文庫版だったんですね。
本書に登場してくる起業家たちは、「起業がしたい」と思ってそうしたのではなく、あくまで「自分たちのやりたいこと」を突き詰めたその延長に、起業というかたちがあった、そうだ。
この本がいまの若者たちの肌感覚に合っているのかどうか。わたしは、若者が置かれている場所について、古市さんほど楽観的には思えないかなぁ。

2015/10/05 13:05

投稿元:ブクログ

タイトルに騙された感じ。いや、まぁ働き方を自分で決めた人達が出てくるのは確かなんだけど…自分の周りの人を紹介してるだけ?社会学というにはなんか狭い。

2016/02/04 17:39

投稿元:ブクログ

起業はした方がいい、成功する為には良いところを探してそれを追いかけて行くんだ。と言うようなことを言って成功を導こうとしている成功者の本は何十冊も読んだことがあるけど、この本では「今の社会からすると逆に起業は危ないからそこもちゃんと考えた方がいいよ」と言うスタンスで、それを社会学という観点から見ているだけあって説得力がある感じがする。
それは冷静な判断でいいところもあるのかもしれないけど、しかしやはりそんな冒険心を無くすような物言いは嫌いだ。

成功者にフォーカスが当たっている反面、失敗者が腐るほどいるのは肝に銘じる必要があるが、自分はその少ない可能性でも突き進みたい。

自分はバカで良かった。

2014/12/24 00:42

投稿元:ブクログ

今でこそ「 人とのつながりがあるほうが長生きする」だの何だの、つながりの重要さを言われるようになったけど、ここに出てくる人たちはそんなの当たり前に実践している。働き方を多様化させてくれるカギは、人とのつながりなんだな。

2014/12/14 07:38

投稿元:ブクログ

古市憲寿『働き方は「自分」で決める』講談社文庫

2012年11月に刊行された単行本『僕たちの前途』を改題・改稿した著書です。

装画は浅野いにお。
特別収録にSEKAI NO OWARIとの対談。

文庫は若者狙いですね…笑

2015/04/19 14:47

投稿元:ブクログ

同年代の社会学者古市憲寿氏の起業する若者や就業に関して書いた一冊。

ゼントの松島隆太郎氏、TGCの統括者村上範義氏、俳優兼映画監督の小橋賢児氏の三人の生き方を通して、現代の働きかたや起業についてのあり方が書かれていました。

読んでまず3人の生き方に信頼できる仲間という部分や大企業の協力をもとに成功していった点や起業を強く意識することなかったという部分があることを感じると共にそこから現代社会で大切とされるお金、信頼や人脈、教養や洗練された習慣という3つの資本が重要になってくるということを強く感じました。

起業を強く意識する集団と現代社会の構造との関係は非常に興味深く、
巻末のSEKAI NO OWARIとの対談では売れるための活動を意識してやっていることに強く衝撃を受けたこととシェアハウスで住んで強い仲間意識を育んでいることは本編で紹介されている3人とも繋がるものがあると強く感じました。

圧倒的な専門性、パワースポット、祝祭としてのイベント、芸能界という閉塞した環境からの脱却と起業というキーワードを通して様々な人生があることを本書を通じて学びました。

本書を読んで、経済成長からみても雇用のありかたや高齢化によって生活のあり方が今後確実に変わっていくこの国でこれから様々な働き方や生き方が生まれていくことを感じるとともに僕達の前途を照らすヒントが詰まっている地図のような一冊だと感じました。

2016/01/08 23:01

投稿元:ブクログ

現代の様々な働き方をする若者に焦点を当て、そこから働き方の多様性について論じた一冊。
最近「起業」がブームなのか、周りに起業した人も起業したい人もいたため、少しだけ身近に感じることができた。
会社勤めに慣れてきた頃に読んだため、学生時代に培おうとしていた物事を多様に見る視点について思い返した。これからも会社での文化に染まらず、常に多角的な視点を意識して働いていきたい。

2015/08/05 13:58

投稿元:ブクログ

数年前から注目されてる社会学者の古市さんの本。
社会学とか全然興味ない人が読むには、読みやすいかもしれないけど、内容が薄かった…
普通に論文読んだ方が面白そう。
本の選択ミス。

2015/07/12 20:05

投稿元:ブクログ

「いい学校、いい会社、いい人生」というモデルが崩壊して、
あきらめてしまった人たちと、あきらめきれない人の差が拡大。
前途を示す地図として、先行世代から与えられた「自由」の中で
会社に雇われて働く、という働き方ではなく、
「仲間」と働き生きていく「起業家」というそんな働き方もあるよ。という本。

2015/03/09 17:37

投稿元:ブクログ

下流でもなく、ホリエモンでもなく。草食でもなく、肉食でもなく。僕たちがつい当たり前だと思ってしまう「会社に雇われて働く」という生き方は、時代に限定されたものに過ぎない。気鋭の社会学者が若き起業家たちの生態系に飛び込んで、若者たちの働く意味を考える。単行本『僕たちの前途』改題・大幅改稿!

16 件中 1 件~ 15 件を表示