サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

一番悪魔に近いのは人間!

2014/10/25 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間の頭部に巣食う謎の寄生生物との闘いの物語。
 冒頭から謎だらけです。地球の独り言のような導入部分は、何を意味しているのでしょうか。この寄生生物は、地球外生命体なのでしょうか。一体どこから飛来したのでしょうか。世界で何匹くらい飛来したのでしょうか等々。
 一方「いちばん悪魔に近い生物は人間だと思う(94ページ)」というミギーの言葉は、その通りだと思いました。空腹感に関係なく、あらゆる生物を殺戮するのは人間だけですし、今起きている地球規模での大量絶滅は、まさに人間によるものです。寄生生物の飛来は地球の意志かもしれません。中々奥の深い漫画のようです。
 
 最初、人間の頭を食べてしまう描写には驚きましたが、読み進める間に慣れてくるものですね。新一とミギーとの奇妙な同居生活が始まりました。ミギーが一生懸命勉強する姿は滑稽です。
 今後、寄生生物との闘いはどのように繰り広げられるのでしょうか。田宮良子は敵なのか、味方なのか。また田宮の母は、なぜ寄生生物と見破ることができたのでしょうか。
 ところで、10月からアニメで放映開始されたことを知らずに、第1話と第2話を見逃してしまいました。痛恨です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/19 00:33

投稿元:ブクログ

ずいぶん以前に、確か漫画喫茶(ネットカフェという名前がまだ定着してなかった)で読んでいたのを、映画化と文庫化を機に再読しようと購入しました。
以下、ネタバレありです。

当時も思ったのですが、ハル・クレメントの「二十億の針」を思わせる設定ですね。
突然に現れた謎の寄生生物、彼らは(基本的には)人間に寄生して脳を支配し、他の人間を捕食し始めます。
寄生生物に襲撃されるも、その寄生と支配を右手だけに止めた高校生の新一は、寄生獣ミギーとともに寄生生物(あるいはそれらに乗っ取られた人間)たちと闘いを繰り広げ、やがてはそれが家族や学校の友人たちも巻き込んでいき…というのが、大まかなストーリーです。
冒頭、「地球上の誰かがふと思った…」から始まる誰のものとも知れぬモノローグから、一気に物語に引き込まれます。

2015/03/09 17:46

投稿元:ブクログ

大都市で多発する「ひき肉(ミンチ)殺人事件」。残虐な手口に人々が戦く中、高校生の泉新一だけが“犯人”を知っていた。それは人間の脳に寄生し、変幻自在に顔を変えて社会に溶け込んでいる新生物。真実を明らかにすべきか悩む新一。だが彼もまた右手に寄生生物を宿していた。伝説の大ヒット漫画、第一巻(全八巻)

3 件中 1 件~ 3 件を表示