サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/08/11 19:01

投稿元:ブクログ

 甘城ブリリアントパークの外伝であり、パーク内にファンシーショップを置く、メープルランドと敵対関係にあるポ連の人々と、ショップでバイトとして働く東司を描いた掌編集である。
 これは、どこまで真面目にレビューを書くべきなのかと、わりと本気で悩んでしまう。どこから手を付けていいのかも、ちょっとわかりかねるというか。
 まず、本編とのリアリティの差が大きすぎる。特に本編の五巻を読んでからこちらを読んでいるために、キャストとゲストの関係や効率と満足度の問題にどう折り合いを付けるかタフな選択を迫られていた本編に比べ、こちらではゲストは所詮端役、女の子を描くための舞台背景に過ぎないという落差は、困惑以外に言うべき言葉が見つからない。
 内容にしても、あまりに薄い。無防備なヒロインに対して接触を拒否する主人公、という図式は、もうこれまで何百回とライトノベルで繰り返されてきた形式であり、そこに工夫がないのはさすがに不味かろう。
 ギャグ物として考えても、ニャーソンというキャラクターに嫌われ役を押し付ける形式のギャグはあまり感心しないところだ。主人公によるツッコミの濫造がなされていて、緩急がない。これもまた、ライトノベルではよくよく見られる、それもあまりよろしくない類のものである。
 連作として見た場合、全体の展開が繋がっていないのも問題だろう。例えば、杏子がバイトを始めたところも「始めました」と地の文で記述して終わりでは、あまりにあまりである。そこに到る展開を描くのが、物語ではないか。

 せめてキャラクターに魅力があれば、もう少し好意的に読めたかもしれないが、その点であってさえ本編に見劣りしている。日常を描く物語において、この欠点は致命的だ。
 終始真顔で読むこととなったこの一冊は、イラストも加味して星三つと評価しておくことにする。

1 件中 1 件~ 1 件を表示